庄司友哉

警察・検察の暴走による悲劇は、 毎日のように発生しています。これを防ぐ 強力な抑止力たる弁護人になりたい。

所属事務所 アトム法律事務所名古屋支部
所属弁護士会 愛知県弁護士会
登録番号 52259
出身 三重県
学歴 名古屋大学法学部卒業 名古屋大学法科大学院修了
趣味 読書、ネットサーフィン、お菓子作り
座右の銘 謙虚・誠実・寛容
メディア出演 週刊SPA!

自己紹介

刑事弁護人だというと、しばしば「なぜ犯罪者の味方をするのか」といった質問をされます。それに対する答えはいくつか考えられますが、納得しやすいのが「公権力とは常に濫用の恐れがあり、監視し続けなければならないから」という回答だと思います。警察・検察の暴走による悲劇は、過去の著名な冤罪事件に限らず毎日のように発生しています。これを防ぐ強力な抑止力たる弁護人となることを目指し、日々の業務と研鑽に努めています。

交通弁護への想い

交通事故は、刑事事件と同様、誰がいつ直面するかわからず、それでいてその後の人生に深刻な影響を及ぼしうる紛争類型の一つであります。法律専門家の介入がなければ、個人として適切な救済を受けることが難しい理不尽さについても、刑事事件と似通ったところがあるかもしれません。提示された賠償額に少しでも疑問が残るという方、そもそも事故に直面して何をどうしたらよいのかわからないという方は、是非一度弁護士にご相談下さい。