作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故慰謝料1日いくら

交通事故の慰謝料・損害賠償額は1日いくら?弁護士基準や自賠責基準の日額を解説

慰謝料は1日いくら?
  • 交通事故の慰謝料は1日いくら
  • 休業した場合1日いくら補償してもらえる?

交通事故の慰謝料や賠償金の中には、日額を用いて計算するものがあります。
そうした慰謝料や賠償金の金額は1日いくらなのか、詳しく解説していきます。


1

1日いくら?日額を用いて計算する慰謝料・賠償金

慰謝料の種類と金額の基準

交通事故の慰謝料には、以下の3種類があります。

交通事故の慰謝料

入通院慰謝料

交通事故による入通院で受けた精神的苦痛に対する補償。

後遺障害慰謝料

交通事故で残った後遺障害によって、今後も受け続ける精神的苦痛に対する補償。

死亡慰謝料

交通事故で死亡したことによる精神的苦痛に対する補償。

これらの慰謝料を含めた交通事故の賠償金の計算方法には、3つの種類があります。
それが、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。

慰謝料金額相場の3基準比較
自賠責基準

加害者側自賠責保険から支払われる金額。
示談交渉の結果に影響を受けることがなく、被害者がほぼ確実に受け取れる金額

任意保険基準

示談交渉の際に加害者側任意保険会社が提示してくる金額。

弁護士基準

被害者が弁護士を立てた場合に、示談交渉で提示する金額。

交通事故の示談交渉では、加害者側が任意保険基準弁護士を立てている場合の被害者側が弁護士基準の金額を提示し、最終的な金額を決めます。

最終的な金額が決まると、そのうち自賠責基準の金額は自賠責保険が、それを超える金額は任意保険が支払うことになります。

任意の自動車保険と自賠責保険の関係

3つの慰謝料のうち、日額を用いて計算するのは入通院慰謝料です。
また、慰謝料以外の賠償金では、休業損害・入院雑費・看護費の計算で日額を用います。

これらの賠償金は1日いくらなのか、解説していきます。

入通院慰謝料は1日いくら?

入通院慰謝料は、自賠責基準で計算する場合に日額を用います。

入通院慰謝料(自賠責基準)

日額:4200円

計算:4200円×入通院日数

任意保険基準・弁護士基準では、入通院慰謝料算定表を参照して金額を算出します。

任意保険基準や弁護士基準では、入院期間・通院期間に応じて金額が決められており、これは一定の日額に従って増えていくものではありません。

例を見てみましょう。

入通院慰謝料(弁護士基準)
入院1ヵ月 入院5カ月
通院1ヵ月 77万円 228万円
通院5ヵ月 151万円 257万円

休業損害は1日いくら?

休業損害は、

日額✖休業日数

で計算します。

この際の日額は、以下のようになります。

自賠責基準の日額

5700円

任意保険基準の日額

給与所得者:事故前3ヵ月の収入÷90日

自営業者:事故前年の収入÷365日

主婦:原則5700円

弁護士基準の日額

給与所得者:事故前3ヵ月の収入÷3ヵ月間の稼働日数

自営業者:事故前年の収入÷前年の稼働日数

主婦:女性の全年齢平均賃金

休業損害の詳しい計算方法はこちらをご覧ください。

入院雑費・看護費は1日いくら?

入院雑費看護費の日額は、以下のようになっています。

入院雑費の日額

弁護士基準:1500円

自賠責・任意保険基準:1100円

入院雑費は、入院中にかかる電話代などの雑費のこと。日額に入院日数をかけて算出する。

看護費の日額

弁護士基準

入院付添い費:6500円

通院付添い費:3300円

自賠責・任意保険基準

入院看護料:4100円

通院看護料:2050円

ただし上記の日額は、近親者が看護を行った場合の金額です。職業看護人による看護の場合は、基本的には全額請求が可能です。

なお、看護費は、医師が看護の必要性を認めた場合に請求できるものです。

2

交通事故の慰謝料・賠償金のポイント

1日いくらか?と何日分か?が争点になる

日額を用いる賠償金では、1日いくらかということと、何日間が対象になるかが問題になりがちです。

特に入通院慰謝料休業損害については、加害者側任意保険会社が日額を低めに設定して計算してくることもあるため、注意が必要です。

もし示談交渉の際に加害者側任意保険会社が低めの金額を提示してきても、被害者自身でそれを増額させることは難しいです。

増額交渉(弁護士なし)

弁護士の主張でないと受け入れないという方針をとる任意保険会社もあるからです。

そもそも任意保険基準自体が、弁護士基準よりも低い金額になっているため、増額の余地があるものとなっています。

増額の余地があるのに増額できなかったということを避けるためには、示談交渉を弁護士に代行してもらうことが重要です。

増額交渉(弁護士あり)

交通事故の慰謝料・賠償金は弁護士に相談

弁護士に依頼というと、

弁護士費用が心配

弁護士事務所まで行く時間がない

という問題があるかもしれません。

そのような場合はまず、アトム法律事務所無料相談をご利用ください。

アトム法律事務所の無料相談

方法:LINE、電話、事務所での相談

ポイント:LINEや電話は24時間365日、順次専門スタッフが受付中

スマホがあればその場で相談可能

示談交渉実績口コミ評価もご覧ください。

相談後、実際に依頼するための費用については、弁護士費用特約をご利用ください。弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。


事故全般の記事をもっと見る