6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の過失割合が9対1…人身事故として届け出するべき?慰謝料は請求できる?

イメージ画像
  • 過失割合が9対1のとき、慰謝料はどれだけもらえる?
  • 人身部分と物損部分の過失割合は別になる?
  • 示談交渉がうまくいかないときは?

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が過失割合9対1の交通事故や人身に関して解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1過失割合が9対1の人身事故、示談金や慰謝料はどうなる?

示談の流れ
Q1

過失割合が9対1の交通事故における示談の流れは?

過失割合9対1の交通事故による被害者の損害の賠償は、加害者に請求できます。
示談では、被害者側と加害者側が交渉して賠償金の金額を決定します。
示談金には、治療費や慰謝料などの様々な項目が含まれます。

事故と示談の流れ
Q2

物損事故から人身事故に切り替えできる?

事故で怪我をしても、軽傷であれば物損事故として立件されることがあります。
物損事故には、加害者側の自賠責保険が適用されないなどのリスクがあります。
人身事故への切り替えを検討しましょう。

29対1の過失割合、示談金や慰謝料への影響は?

過失割合と損害賠償
加害者被害者
過失割合
支払い被害者の損害のX割を支払う加害者の損害のY割を支払う
受け取り加害者の損害のY割を受け取る被害者の損害のX割を受け取る

Q1

過失割合が9対1とは、どういうこと?

大半の交通事故では、被害者にも過失があります。過失割合は加害者と被害者それぞれの責任を表します。
過失割合が9対1であれば、加害者側の過失は9割、被害者側の過失は1割ということです。
被害者が最終的に受け取るのは、過失割合に応じて過失相殺された示談金となります。

慰謝料は示談金の一部
Q2

慰謝料への影響は?

示談金の各項目は、過失割合によって減額されます。
被害者の過失が1割の場合、10%の示談金が減額されます。
また、被害者は加害者の損害額の10%を賠償することになります。

3過失割合が9対1の交通事故のポイント

悩み
Q1

過失割合が9対1になる理由は?

交通事故では、基本的には加害者側の過失の方が大きいです。
しかし、被害者が全くの無過失であるという状況は少ないです。
9対0や8対0のような過失割合のとき、損害賠償は加害者のみが支払います。

過失割合9:1の場合*
加害者被害者
過失割合91
損害額400万円1,000万円
請求金額400万円×0.140万円1,000万円×0.9900万円
最終的に貰える金額0900万円-40万円 = 860万円

*被害者自身の対人・対物賠償保険を使わない場合

Q2

過失割合が9対1になる交通事故の事例は?

被害者が歩行者で加害者が自動車の場合、以下のような事例で過失割合が9対1になる可能性があります。

・信号が点滅しているときや青色に変わる直前に、被害者が横断歩道を横断しはじめた。
・歩道に障害物があったので、歩行者が車道を歩いていた。

4弁護士に相談して、有利な過失割合で示談しよう

示談金の増額例
Q1

9対1の過失割合に納得がいかないときの対応は?

示談金の総額を左右する過失割合は、示談において最重要な要素と言えます。
示談交渉において、最も争点となりやすい要素といえます。
保険会社は、加害者側の過失割合を低く見積もるために様々な主張を行います。

弁護士の写真
Q2

弁護士に無料相談する方法は?

過失割合の計算を保険会社に任せると、被害者に不利な数字が計算されるおそれがあります。
弁護士に、過失割合の計算や保険会社への反論を相談しましょう。
慰謝料の請求に関しても、弁護士なら高額な相場で請求できます。