6人の弁護士がこの記事に回答しています

事故により骨盤骨折のため通院…治療費はいつ打ち切りに?慰謝料は請求できる?

イメージ画像
  • 交通事故で骨盤骨折した…
  • 通院日数と慰謝料の関係は?
  • 治療費が打ち切りになる場合は?

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が骨盤骨折と通院に関する疑問を解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1骨盤骨折の通院と、示談金・慰謝料について

治療の流れ
Q1

交通事故で骨盤骨折…後遺症の可能性は?

交通事故では腰を強く打ち付けることがあります。
このとき、骨盤骨折になる可能性があります。
骨盤骨折では、様々な症状が併発するリスクがあります。

示談の流れ
Q2

骨盤骨折の通院費用が打ち切られる場合は?

交通事故で負った怪我の治療費は、加害者に請求できます。
通院や入院に関わる雑費も請求できます。
損害賠償はまとめて示談金として請求できます。

2骨盤骨折の対応~事故直後から裁判まで

Q1

骨盤骨折の事故直後に被害者がすべき対応は?

交通事故にあったら、まず加害者に情報を確認します。
連絡先や勤務先、車両の情報を記録しましょう。
加入している保険も問い合わせます。

Q2

骨盤骨折の示談には時効がある?

示談金の金額は保険会社との交渉に左右されます。
同じ怪我でも、交渉結果により示談金が減りえます。
交渉には準備して挑む必要があります。

3骨盤骨折で弁護士に依頼するメリット

Q1

骨盤骨折の示談交渉で保険会社に対抗するには?

通常、示談交渉は加害者側の保険会社と行います。
ただし、保険会社の担当者は示談交渉の手練れです。
被害者自身が示談交渉を行っても、思うように進まないことが大半です。

弁護士に示談を依頼すると…
示談金の計算
適切な金額が計算できる
慰謝料
弁護士基準で請求できる
裁判
弁護士に提起してもらえる
Q2

示談交渉の各手続きが負担に感じられたら?

示談においては、多くの手続きが関わります。
後遺障害等級の認定の申請、過失割合の計算などです。
多くの場合、被害者にとっては負担になります。