交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

症状データベース

1 外傷性硬膜下血腫等で約3億3398万円の損害額認定|東京地裁

実例:東京地裁平成16年6月29日

被害者車両が追い越し車線を走行中、左斜め前にいた加害者車両が車線変更し衝突。助手席に乗っていた被害者が負傷したという事故。

症状・事故の概要

症状名

後遺障害

  • 高次脳機能障害

被害者データ

27歳・男性(学生・生徒)

事故時:自動車

過失割合

不明

入院期間545日
事故日1997/04/20
症状固定日1999/08/02
固定まで835日
後遺障害要介護1級(併合あり)
主な部位頭部

総損害額

総額 3億3398万円

慰謝料4400万円
慰謝料(家族分)800万円
後遺障害慰謝料3000万円
治療費28万円
逸失利益1億5074万円
弁護士費用2580万円
※慰謝料は傷害慰謝料(入通院慰謝料)と後遺障害慰謝料の認定金額(家族分含む)の合計額 ※損害賠償は過失割合が加味される前の総損害額

硬膜下血腫とは

こうまくかけっしゅ

硬膜下血腫

類型:外傷性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫

ここでは急性硬膜下血腫について触れる。硬膜とは頭蓋骨のすぐ下にある膜のことであるが、脳表面などからの出血等が起こると硬膜と脳のあいだに血液が溜まりゼリー状に固まる。これが急性硬膜化血腫である。
ほとんどが頭部外傷を原因としており、脳挫傷など脳自体の損傷を伴う場合も多い。

原因・治療法などを見る

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

解決実績をみる

硬膜下血腫についてもっと調べる

期間について

金額について