症状データベース

370 硬膜下血腫等で約235万円の損害額認定|大阪地裁

実例:大阪地裁平成14年6月28日

運転義務違反無く交差点に進入した加害者車両が、赤信号を無視して交差点に進入していた被害者自転車に衝突したという事故。

症状・事故の概要

症状名

被害者データ

58歳・男性(給与所得者)

事故時:自転車

過失割合

85:15(被害者:加害者)

入院期間71日
実通院日数6日
事故日1996/04/22
後遺障害無等級
主な部位頭部

総損害額

総額 234万円

慰謝料140万円
※慰謝料は傷害慰謝料(入通院慰謝料)と後遺障害慰謝料の認定金額(家族分含む)の合計額 ※損害賠償は過失割合が加味される前の総損害額

硬膜下血腫とは

こうまくかけっしゅ

硬膜下血腫

類型:外傷性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫

ここでは急性硬膜下血腫について触れる。硬膜とは頭蓋骨のすぐ下にある膜のことであるが、脳表面などからの出血等が起こると硬膜と脳のあいだに血液が溜まりゼリー状に固まる。これが急性硬膜化血腫である。
ほとんどが頭部外傷を原因としており、脳挫傷など脳自体の損傷を伴う場合も多い。

原因・治療法などを見る

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

解決実績をみる

硬膜下血腫についてもっと調べる

期間について

金額について