症状データベース(耳鳴りの損害賠償)

耳鳴りで3億3398万289円の損害賠償額が発生したケース

実例:東京地裁平成16年6月29日

被害者車両が追い越し車線を走行中、左斜め前にいた加害者車両が車線変更し衝突。助手席に乗っていた被害者が負傷したという事故。

※当ページの情報は、耳鳴り以外の症状も含みます。

症状・事故の概要

症状名

後遺障害

  • 高次脳機能障害

被害者データ

27歳・男性(学生・生徒)

事故時:自動車

過失割合

不明

入院期間 545日
事故日 1997/04/20
症状固定日 1999/08/02
固定まで 835日
後遺障害 要介護1級(併合あり)
主な部位 頭部

総損害額

総額 3億3398万289円

慰謝料 4400万円
慰謝料(家族分) 800万円
後遺障害慰謝料 3000万円
治療費 28万2120円
看護介護総額 1億1430万1173円
逸失利益 1億5074万9519円
弁護士費用 2580万円
※通院日数は通院期間ではなく実通院日数 ※治療期間は症状固定までの期間 ※完治・回復期間は入院期間と実通院日数を合算した日数 ※慰謝料は傷害慰謝料(入通院慰謝料)と後遺障害慰謝料の認定金額(家族分含む)の合計額 ※保険金は相手方保険会社からの受け取り金額(自賠責は含まない場合あり) ※損害賠償は過失割合が加味される前の総損害額

耳鳴りとは

みみなり

耳鳴り

耳鳴りは「ピーン、キーン」などといった、身体内部以外に明らかな音源がない状態で感じる音の感覚をいう。
耳鳴の原因にはさまざまなものが考えられる。高血圧や心血管疾患も耳鳴の原因となり得る。
いずれにせよ原因となっている疾患を特定することが重要となる。

原因・治療法などを見る

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

耳鳴りについてもっと調べる

期間について

金額について