交通事故・刑事事件に加えて自己破産・個人再生の対応を本格化しています。

作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故紛争処理センターとは?新宿が本部?東京の身近な公的機関を利用しよう

イメージ画像
  • 交通事故紛争処理センターについて知りたい
  • 交通事故の解決の流れを弁護士に聞きたい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

今回は、交通事故紛争処理センターを特集します。

さいごに、アトム法律事務所の弁護士相談予約窓口もご紹介しますので、より詳しく知りたい方はお問い合わせください。

イメージ画像
1

交通事故紛争処理センターとは?新宿が本部?東京の身近な公的機関を利用しよう

交通事故紛争処理センターとは、交通事故を解決するADRです。

費用はかからず、無料で利用できます。

ADR(Alternative Dispute Resolution)とは、裁判外紛争解決手続のことをいい、斡旋(あっせん)など裁判以外の紛争解決手続のことです。

斡旋(あっせん)

第三者が間に入って、話し合いの場を提供することにより、紛争の解決を目指す手続

交通事故紛争処理センターは、東京本部と全国各支部をあわせて合計11カ所の相談所があります。

東京本部

札幌支部

仙台支部

名古屋支部

大阪支部

広島支部

高松支部

福岡支部

さいたま相談室

金沢相談室

静岡相談室

解決の流れは・・・

  1. ① 電話予約
  2. ② 法律相談・和解斡旋
  3. ③ 審査会による審査
  4. ④ センターにおける手続きの終了

です。

交通事故紛争処理センターを利用する際の持ち物としては、

  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 相手方を確認できる書類
  • 保険会社等の賠償金提示明細書

などです。

イメージ画像
2

交通事故紛争処理センターのメリット・デメリットを整理!

Q1

メリットは?

交通事故紛争処理センター利用のメリットは、無料で和解あっせんを受けられることです。

かりに審査結果について和解が成立しない場合、被害者は審査を申し立てることができます。

この審査結果については、被害者は拘束されず、不服ならば裁判などを申し立てられます。

しかし、保険会社は審査結果に拘束されるので、不服申し立てはできません。

交通事故の被害者がのぞむ解決が尊重される仕組みになっています。

流れとしては、次の3とおりです。

和解あっせん→解決

和解あっせん→不服申立て→審査→解決

和解あっせん→不服申立て→審査→不服→裁判へ

ADR一般のメリットは?

ADR一般のメリットとしては、次のようなことがいわれています。

ADRのメリット
  1. ① 手続が簡易
  2. ② 費用が低額
  3. ③ 迅速な解決が期待できる
  4. ④ 柔軟な解決ができる
  5. ⑤ 法律以外の専門分野も対応可能
  6. ⑥ 原則として非公開(プライバシーが保たれる)

裁判になるよりも、時間的にも費用的にもメリットが多いです。

Q2

デメリットは?

デメリットとしては、和解あっせんの内容や審査の内容に不服があった場合、最終的に解決するには、裁判をしなければならなくなるところです。

ADRは、最終結論が早く出るというのが、メリットであるにもかかわらず、長期化してしまったら、ADRを利用するメリットはなくなってしまいます。

ADRのデメリット
  1. ① 司法による紛争解決を阻害すること
  2. ② 手続が不適正になるおそれがあること
  3. ③ 権利保護が不十分になるおそれがあること
Q3

最後に一言でまとめ

費用面が気になる方は、うまくADRを利用されることが重要です。

その際、弁護士の無料相談や、1時間1万円など比較的安価で弁護士にアドバイスをもらうとよいでしょう。

また、ADRは示談交渉につまずいたときの助け舟のような存在です。

まずは、弁護士事務所の無料相談をうけるなどして、信頼できる相性のよい弁護士を見つけ出すというのも手かもしれません。

イメージ画像
3

交通事故紛争処理センターの口コミ評判は?

交通事故紛争処理センターの評判については、「利用者の声(アンケート)」が、そのホームページ上で紹介されています。

親切度は?

「親切であったか」という質問に対しては、93.6%の方が「はい」とお答えいただいています。

引用元:公益財団法人 交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/about/survey/)

説明は分かりやすい?

「説明がよく判ったか」という質問については、「よく判った」と「大体判った」で、95.7%となっています。

引用元:公益財団法人 交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/about/survey/)

示談金は納得できる?

最終的な「示談金」の額については、納得頂けたのでしょうか?これについては、「妥当」と「許容範囲」で、91.9%となっています。

引用元:公益財団法人 交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/about/survey/)

センター利用をすすめる?

交通事故で困っている人がいたら、「当センターの利用を勧めるか」という質問をいたしました。これについては、94.5%の方が「センターを勧める」とお答えいただいています。

引用元:公益財団法人 交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/about/survey/)

イメージ画像
4

交通事故紛争処理センターにまつわる疑問は弁護士に無料相談

Q1

新宿・千葉・大宮・名古屋・大阪・福岡etc24時間365日相談受付中

  • 交通事故紛争処理センターを利用するかどうか迷っている
  • 交通事故の解決の流れについて知りたい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

  • 24時間365
  • 深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内
交通事故の怪我・後遺障害の 示談金・慰謝料でお困りの方は
弁護士無料相談をご利用ください
相談枠・弁護士数に限りがあります
相談依頼は今すぐ!
※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

LINE相談完全無料です。

  • 「事務所まで足を運んで相談する時間的余裕がない」
  • 「アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい」

このような方も、ぜひご利用ください。

早期のご相談が、お悩み解決の秘訣です。

お電話・メール・LINEにて、お気軽にお問い合わせください。