6人の弁護士がこの記事に回答しています

人身事故の被害に!示談から裁判まで、弁護士が解説!

イメージ画像
  • 人身事故の被害者になった!
  • 事故直後の対応は?
  • 示談で失敗したくない!

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が人身事故の被害者が抱くお悩みについてお答えします。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

[kanrentag]

1人身事故:病院と示談の関係や、代表的な症状について

病院で作成できる診断書の用途
警察への届け出
人身事故として届け出する際に必要
示談、裁判など
事故との怪我との因果関係を示す
後遺障害等級の認定
等級の認定結果に影響*

*通常の診断書とは別に「後遺障害診断書」が必要となります

Q1

人身事故にあったらすぐに病院に行くべき理由とは?

交通事故の被害にあわれたら、身体に痛みを感じない場合でも、必ず病院に行ってください。
被害者が自覚していない怪我が潜在している可能性があるためです。
病院での診察を受けないと、後におもわぬ症状が悪化してしまうおそれがあります。

人身事故の代表的な症状の治療期間*
むちうち症
3ヶ月前後
骨折
数ヶ月~1

*症状の程度や被害者の年齢などにより変動します

Q2

人身事故の代表的な症状とは?

交通事故の被害者が負う怪我として特に多いのはむちうちです。
事故による衝撃のため、首がむちのようにしなることで発生します。
むちうちになると、首の痛みや肩こりのほか、頭痛やめまいなどの症状が発生する可能性があります。

2人身事故の示談と慰謝料

示談の流れ
Q1

人身事故の示談の流れは?

人身事故の被害者は、加害者に損害賠償を請求できます。
示談を行い、賠償金の金額について加害者側と被害者側が交渉することになります。
治療費や休業補償など、様々な項目が示談金に含まれます。

慰謝料は示談金の一部
Q2

慰謝料と示談金の関係は?

精神的苦痛に対する賠償金が慰謝料となります。
特殊な事例を除いて、物的損害に関した精神的苦痛は慰謝料の対象となりません。
怪我や後遺症などの人的損害に関わる精神的苦痛に対して、慰謝料が支払われます。

3人身事故で裁判を行う場合のポイント

事故~示談金回収まで
Q1

交通事故の裁判にかかる期間は?

示談金の金額や過失割合の数値について、被害者と加害者との間でもめる場合があります。
通常なら示談は開始してから1ヶ月~半年程度で成立しますが、難航するとそれ以上に長引きます。
そのような場合、裁判を行った方が結果的に決着が早くなることも多いです。

裁判の流れ
Q2

交通事故で裁判をした場合の費用は?

裁判の提起は被害者自身でも行うこともできますが、一般の人にとっては手続きが複雑である場合も多いです。
そのため、通常は弁護士に裁判の提起を依頼します。
弁護士費用は発生しますが、加入している保険に弁護士特約があれば費用は減額されます。

4人身事故の被害にあったら、弁護士に相談しよう!

示談金の増額例
Q1

人身事故の慰謝料をより多く受け取るためには?

基本的に、示談の相手は加害者本人ではなく加害者側の保険会社です。
ただし、保険会社の担当者は示談交渉の手練れです。
被害自身が交渉を行った場合、不利な状態で交渉が進むことも多いです。

弁護士の写真
Q2

人身事故の示談交渉について弁護士に相談する方法は?

事故直後からの対応が、示談金の金額を決定します
。人身事故の被害にあった直後から、すみやかな対応を行いましょう。
弁護士には、示談が始まる前から無料相談することができます。

無料相談のご案内
交通事故の怪我・後遺障害の 示談金・慰謝料でお困りの方は
弁護士無料相談をご利用ください
相談枠・弁護士数に限りがあります
相談依頼は今すぐ!
※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

全国/24時間/無料相談

無料相談窓口のご案内