6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故で手首骨折で後遺障害に…等級が認定されるには?慰謝料は追加される?

イメージ画像
  • 交通事故で手首骨折した…
  • 後遺障害等級が認定されるためには?
  • 慰謝料や示談金の内訳は?

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が手首骨折と後遺障害に関する疑問を解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1手首骨折と後遺障害の基礎知識

事前認定と被害者請求の特徴
事前認定被害者請求
メリット手間や負担がかからない等級認定のための工夫ができる
デメリット等級認定のための工夫がされない手間や負担がかかる*

*弁護士などに依頼して、代理してもらうことが可能

Q1

後遺障害のときに追加される示談金項目は?

後遺障害等級の認定は、審査機関が行います。
後遺障害診断書などの書類を提出して申請します。
弁護士に依頼すれば申請書類の内容を確認できます。

治療の流れ
Q2

交通事故で手首骨折の症状…手術やリハビリの必要は?

手首骨折は、自転車やバイクの事故でよく起こります。
手首骨折の症状は、骨折した骨の種類により異なります。
全治までの期間も骨折箇所により異なります。

2手首骨折の対応~事故直後から裁判まで

Q1

手首骨折の事故直後、被害者は加害者にどう対応すべき?

交通事故にあったら、情報確認が第一です。
連絡先や通勤先、車両の情報を聞きましょう。
加入している保険の情報も確認します。

Q2

手首骨折の示談で気を付けることは?

示談金額は保険会社との交渉によって決まります。
同じ被害でも、交渉に失敗すると示談金が減ります。
準備して示談に挑みましょう。

3手首骨折で弁護士に依頼するメリット

Q1

手首骨折の示談交渉で保険会社に対抗するには?

示談は加害者本人とではなく加害者側の保険会社と行います。
しかし、保険会社の担当者は示談交渉のプロです。
被害者自身が示談交渉を行っても、思うように進まないことが大半です。

弁護士に示談を依頼すると…
示談金の計算
適切な金額が計算できる
慰謝料
弁護士基準で請求できる
裁判
弁護士に提起してもらえる
Q2

手首骨折の後遺障害等級の認定申請も弁護士に依頼できる?

示談交渉においては、様々な手続きが生じます。
後遺障害等級の認定の申請や過失割合の計算などです。
多くの場合、被害者にとっては負担になります。