交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

症状・治療法データベース

はんげつばんそんしょう

半月板損傷

大腿骨と脛骨の間にある軟骨様の板を半月板というが、この軟部組織が損傷を負った状態を指す。
膝関節に荷重がかかった状態で急な回旋運動などが加わった際には半月板単独での損傷が多い。若年者の半月板損傷では前十字靭帯損傷も合併しているケースが多く、その他加齢を原因にした半月板損傷は関節炎などの合併ケースが多い。

痛みや腫れ。関節の可動域制限や引っかかり感など。

主な原因

事故や転倒、スポーツ時の衝撃などにより大きな外力が加わることが原因となるほか、加齢が原因となるケースもある。

治療・良くなる方法

  • 保存療法
  • 半月板の縫合
  • 半月板の切断

治療法としては保存療法と手術療法がある。
前者は物理的症状がなく症状が疼痛のみの場合などに行われ、その内容はリハビリテーションやヒアルロン酸の関節内注射などである。
後者はさらに縫合術と切断術に分けられ、それぞれにメリットデメリットがある。縫合術は半月板の機能が温存できるというメリットがある一方再断裂の可能性などが残る。切断術ではスポーツへの早期復帰が可能である一方、術後に関節の変形が進む可能性がある。
いずれにせよまずは専門の医療機関を受診すべきといえる。

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

半月板損傷についてもっと調べる

期間について

金額について

下肢のほかの症状をみる

損傷・破裂・断裂のほかの症状をみる