症状データベース

1361 頚椎骨折等で約1億7607万円の損害額認定|東京地裁

実例:東京地裁平成22年11月25日

高速道路上において、被害者の普通乗用車が故障したため、車体の大部分が登板車線上にある状態で停止していたところ、後方から速度制限違反で直進してきた普通貨物車が追突した事故。

症状・事故の概要

症状名

後遺障害

  • 神経障害

被害者データ

19歳・男性(給与所得者)

事故時:自動車

過失割合

30:70(被害者:加害者)

入院期間530日
事故日2006/02/05
症状固定日2007/01/19
固定まで349日
後遺障害要介護1級(併合あり)
主な部位脊椎・脊髄、その他、内臓

総損害額

総額 1億7607万円

慰謝料3350万円
慰謝料(家族分)200万円
後遺障害慰謝料2800万円
治療費565万円
逸失利益8901万円
弁護士費用1014万円
※慰謝料は傷害慰謝料(入通院慰謝料)と後遺障害慰謝料の認定金額(家族分含む)の合計額 ※損害賠償は過失割合が加味される前の総損害額

脊椎骨折とは

せきついこっせつ

脊椎骨折

類型:胸椎骨折、腰椎横突起骨折、腰椎骨折、頸椎骨折

類型:胸椎骨折、腰椎横突起骨折、腰椎骨折、頸椎骨折<外部から大きな力が作用したとき、脊椎が骨折したり脱臼したりする。
脊椎の中には脊髄が通っているため、脊椎骨折の多くは脊髄の損傷も伴う。脊髄が損傷すると、四肢体幹の感覚傷害、運動障害や損傷部位の疼痛などが生じ、場合によっては意識障害が生じる可能性もある。

原因・治療法などを見る

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

脊椎骨折についてもっと調べる

期間について

金額について