交通事故の解決実績

右足首内踝外踝骨折の増額事例

12

右足首内踝外踝骨折

京都支部 代次徹也弁護士

30代女性主婦

傷病名:右足首内踝骨折、右足首外踝骨折

後遺障害等級:12級7号

最終回収金額:1063万円

2.9倍増額! 369万円 1063万円

弁護士費用特約がない場合はここから弁護士費用が差し引かれますが、手取り額は大幅に増額しました。

ご相談から5か月での大幅増額!

15か月 5か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

京都支部代次徹也弁護士

事件番号:京2017-012

原付バイクを運転していたご依頼者様が、交差点で軽バンに巻き込まれて怪我を負われた事案です。
ご依頼者様は右足のくるぶしを骨折しており、1年以上の治療期間を経て症状固定に至り、後遺障害等級12級7号が認定されていました。
相手方の任意保険会社は当初、労働力喪失期間を5年で主張していましたが、弁護士が交渉した結果、およそ30年分の労働能力喪失期間が認められました。
最終的に、2.9倍の示談金増額に成功しました。

お客様の声

...始めにLINEでの相談に対するお返事がとてもわかりやすくまたやり取りもスムーズだったので安心してお願いしようと思っておりましたが保険会社に提示された金額より大幅に増額していただき感謝しております。…

関連した下肢の解決実績をみる

関連した12級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす