3人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の物損と人身の違いは?示談するなら物損事故から人身切り替えしよう!

イメージ画像
  • 交通事故には物損事故人身事故がある?
  • 物損事故から人身切り替えは可能?
  • 人身切り替えを検討すべきポイントは?

今回は、このような「交通事故の物損と人損の違い」について気になる点や違いをまとめていきます。

イメージ画像
1

交通事故|物損事故と人身事故がある?

物損事故とは、交通事故のうち、人の死傷がなく、器物の損壊のみが生じた事故のことです。

物損事故のほか、「物件事故」と呼ばれることもあります。

これに対して、人損事故とは、交通事故に遭った人が怪我を負ったり、死亡するなどといった事故のことです。

追突事故などで、車体しか被害がないように見えても、あとになって首や肩が痛くなるといったこともあります。

最初は物損事故あつかいでも、人損事故に切り替えることは可能です。

では、物損事故と人身事故の違いを具体的に見ていきましょう。

イメージ画像
2

交通事故|物損から人身切り替えは必要?違いは?

Q1

物損と人身は全然違う?人身切り替えに踏み切ろう!

交通事故の直後に痛みはなくても、後日、首が痛くなることもよくあります。

目立った外傷がなくても、交通事故は、人身事故として警察に届け出ることがベストです。

物損事故のほうが処理が簡単であるため、物損事故として届け出てしまったという方もいるでしょう。

現在、人身事故に切り替えるかどうか迷っている方は、記事を読み進めていただいて、人身切り替えに踏み切ってもらえたらと思います。

Q2

物損だと慰謝料なし?示談金が減る?

人身事故の場合、怪我の治療費や慰謝料などの怪我にまつわる損害について、示談金をもらうことができます。

しかし、物損事故として処理してしまうと、怪我にまつわる部分について示談金をもらうことが原則としてできません。

物損事故の示談金の内訳としては、

交通事故によって壊れた車の修理代

修理中の車の代車料

などの財産的損害に関する示談金です。

物損事故の場合、通常、慰謝料を支払ってもらえません。

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償ですが、愛車が壊れたといった程度では認められないのが通常です。

慰謝料のほかに、「評価損」という考え方があります。

物損の場合、この評価損が慰謝料を補充する役割もあります。

たとえば、評価損については、新車に近ければ近いほど高い割合で認められやすいということもあるようです。

ただ、保険会社は評価損をきびしく見ているため、どのくらいの評価損を保険会社に認めさせるかも交渉の腕次第といったところです。

物損事故と人身事故で受け取れる損害賠償の内訳をまとめてみました。

物損事故 人身事故
怪我の治療費 受け取れない 受け取れる
傷害慰謝料
後遺障害慰謝料
死亡慰謝料
休業補償
逸失利益
Q3

物損だと保険は使える?

物損事故の場合、対人賠償保険は使えませんが、対物賠償保険を利用することはできます。

物損事故の場合、自賠責保険や、任意保険の対人賠償保険は使えません。

これに対して、任意保険の対物賠償保険は利用できます。

物損事故 人身事故
保険 対物賠償
(✕自賠責保険)
対人賠償
Q4

物損だと警察が作成する書面が異なる?

交通事故を物損事故として警察に届け出ると、「物件事故報告書」が作成されますが、これは簡単な捜査記録でしかありません。

事故状況などが詳しく記載されるものではないです。

これに対して、人身事故として届け出ると、「実況見分調書」という詳しい捜査記録を作成してもらえます。

物損 人損
作成 物件事故報告書 実況見分調書
内容 簡単 詳しい

詳しい事故状況がわからなければ、過失割合などの証明ができません。

そのため、人身事故の場合には、「物件事故報告書」ではなく必ず「実況見分調書」を作成してもらうようにしましょう。

Q5

【物損と人身の違い】まとめ

いままでの内容を一覧表にまとめました。

物損事故と人身事故
物損事故 人身事故
治療費 受け取れない 受け取れる
慰謝料
休業補償
逸失利益
車の修理代
など

※別途、
物損処理
警察の
作成書類
物件事故報告書 実況見分調書
保険 対物賠償 対人賠償

さいごに、便利なLINE相談や、弁護士相談窓口のご案内です。

イメージ画像
3

物損から人身切り替えなど交通事故でお悩みの方へ(弁護士無料相談窓口)

Q1

24時間365日相談予約受付中!

交通事故で物損から人身事故に切り替えたい

人身事故でもらえる慰謝料の相場が知りたい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故の弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

24時間365

深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

お気軽にお問い合わせください。

LINE相談完全無料です。

「事務所まで足を運んで相談する時間的余裕がない」

「アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい」

このような方も、ぜひご利用ください。

早期のご相談が、お悩み解決の秘訣です。

お電話・メール・LINEにて、お気軽にお問い合わせください。

事故全般の記事をもっと見る