6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の弁護士相談|デメリットはある?弁護士費用は弁護士費用特約で克服しよう!

イメージ画像
  • 交通事故を弁護士相談するメリットは?
  • 弁護士費用がかかっても損しない方法は?
  • 弁護士費用特約とは?

今回は、このような「交通事故の弁護士相談」にまつわるメリット・デメリットについて特集します。

示談金の受け取りまでの流れ
1

交通事故の弁護士相談|メリットは?

交通事故について、弁護士相談のメリットは、次のようなものです。

加害者側からの連絡の窓口になってもらえる

加害者側との示談交渉を任せられる

後遺障害等級が認定される可能性を高められる

複雑な手続き・書面の作成を任せられる

などです。

手間や時間をかけなくてすむうえ、相手方と直接連絡をとらなくてよいので、ストレスも軽減されます。

Q1

加害者・保険会社との面倒なやりとりを任せられる?

交通事故の被害について示談金を支払ってもらうためには、当然、加害者側とのこまめな連絡や、示談交渉をすすめていかなければなりません。

現実問題として、ご自身の怪我の治療や、交通事故のショックなど、加害者側と連絡をとりたくないという心境の方も多いでしょう。

そういった場合、弁護士に交通事故の解決を依頼することで、その煩雑さから解放されて、より治療に専念できる環境を整えることができます。

症状固定までの治療費は、加害者側の保険会社に請求することができます。

ですが、交通事故との因果関係が不明確な場合には、保険会社から支払いを拒否されてしまうこともあります。

このような場合、弁護士は、被害者の外傷が交通事故によって生じたものであると、加害者側会社を説得できるよう努めます。

Q2

後遺障害認定は弁護士に任せる?14級(むち打ち症)はコツが必要?

交通事故によって後遺症が残った場合には、後遺障害等級が認定される示談金の金額が増額されます。

ただ、当然のことですが、これには「後遺障害等級」が認定されることが必要です。

せっかく申請するのなら、さまざまな書類を用意して、すこしでも認定される確率をあげたいところですよね。

とくに14級9号に該当するむち打ち症などで他覚所見がない場合などは、証明のテクニックが必要です。

弁護士であれば、受傷状況・症状・治療経過・臨床所見などから現在の症状が交通外傷として発生していることを論理的かつ適切に説明できるよう努めます。

ぜひ交通事故にくわしい弁護士にご相談いただき、ご不安を解消していただきたいです。

イメージ画像
2

交通事故の弁護士相談|デメリットは?

Q1

弁護士費用…費用倒れにならない?

「弁護士にまかせて示談金がもらえたとしても、弁護士費用がかかりすぎて費用倒れになったら困る

このように考えて、弁護士相談に踏み切れない方もいるかもしれません。

弁護士費用と示談金の採算がとれず費用倒れになるような場合、良識ある弁護士ならば事件依頼をお断りすると思われます。

そのような事件を受任しても、ご相談者に満足していただけないからです。

弁護士費用にご不安がある場合は、得られる示談金の見込みや、弁護士費用の相場など事前に相談して、採算がとれるかどうかご自身で判断していただく方法もあります。

Q2

弁護士費用特約を有効活用?

交通事故の弁護士費用を捻出するために便利なのが、弁護士費用特約です。

弁護士費用特約とは、被害者側が加入する自動車保険の特約です。

保険会社が弁護士費用の全部または一部を負担してくれるものです。

弁護士費用特約とは?

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約がついているか、どの範囲で弁護士費用特約が有効なのかを確認してみてください。

イメージ画像
3

交通事故を弁護士に無料相談できる窓口

Q1

東京・大阪・名古屋etc24時間365日無料相談受付中

交通事故を弁護士に相談したい

弁護士に依頼しても損しないか確かめたい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

24時間365

深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

お気軽にお問い合わせください。

LINE相談完全無料です。

「事務所まで足を運んで相談する時間的余裕がない」

「アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい」

このような方も、ぜひご利用ください。

早期のご相談が、お悩み解決の秘訣です。

お電話・メール・LINEにて、お気軽にお問い合わせください。