6人の弁護士がこの記事に回答しています

接触事故の被害者に…警察への届け出から慰謝料の請求まで解説!

イメージ画像
  • 接触事故の被害にあってしまった…
  • 加害者に確認するべき情報は?
  • 保険会社の主張に納得いかない…

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が接触事故の被害者が抱くお悩みについてお答えします。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1自転車での接触事故や車同士の接触事故、警察を呼ぶべき理由とは

自転車事故を予防するポイント
自転車安全利用五則
1:自転車は、車道が原則、歩道は例外
2:車道は左側を通行
3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4:安全ルールを守る
5:子どもはヘルメットを着用

Q1

自転車での接触事故と自動車での接触事故、それぞれの注意点は?

自分が自転車を運転する時には、特別な場合を除けば歩道ではなく車道を走ることをこころがけましょう。
車道を走った方が自動車から視認されやすいため、歩行者との接触事故の加害者になることを防ぐだけでなく、車との接触事故の被害者になることも予防できます。
車道を走るときには左側を走り、夕方になったら暗くなる前にライトを点灯させることを心がけてください。

接触事故の可能性
自動車自転車歩行者
自動車と接触加害者にも被害者にもなりえる被害者になる可能性が高い被害者になる可能性が高い
自転車と接触加害者になる可能性が高い加害者にも被害者にもなりえる被害者になる可能性が高い
歩行者と接触加害者になる可能性が高い加害者になる可能性が高い基本的に交通事故にならない

Q2

接触事故と非接触事故の違いは?

交通事故は、自動車や自転車などが相手の車両や歩行者などに接触する接触事故と、相手車両を避けようとした際の転倒などの非接触事故に分けられます。
接触事故は、車同士で起こる場合もあれば、自転車が自動車や歩行者と接触して起こる場合もあります。
また、非接触事故でも加害者の責任が認められたら被害者は損害賠償を請求することが可能です。

2接触事故の被害を警察に届け出するときの注意点

被害者になった場合
Q1

警察には人身事故として届け出するべき理由は?

事故の被害にあった場合、少しでも怪我をしていたら人身事故として届け出するべきです。
事故後はまず病院に行って、診断書を作成してもらいましょう。
診断書を持って最寄りの警察署に報告すれば、人身事故として処理してもらえます。

任意保険と自賠責
Q2

警察に実況見分調書を作成してもらうメリットは?

怪我の程度が軽いと、警察に報告するときに物損事故として立件しないかと提案されることがあります。
しかし、物損事故として立件されると加害者の自賠責保険が原則適用されなくなります。
加害者が任意保険に加入していない場合、補償金が不足するなどのリスクが生じます。

3接触事故の示談と慰謝料

示談の流れ
Q1

接触事故の示談の流れは?

接触事故により被害者が負った損害は、加害者に賠償を請求することができます。
賠償金の金額は、被害者側と加害者側との示談交渉で決まります。
示談金の項目は様々であり、治療費・慰謝料・休業補償などが含まれます。

慰謝料は示談金の一部
Q2

慰謝料と示談金の関係は?

慰謝料は、被害者が負った精神的苦痛に対する賠償金です。
基本的に、物的損害に対する慰謝料は交通事故では請求できません。
慰謝料は、怪我や後遺症などの人的損害に対して発生します。

4接触事故の被害にあったら、弁護士に相談しよう!

示談金の増額例
Q1

接触事故の慰謝料をより多く受け取るためには?

通常、通常、示談交渉は加害者側の保険会社と行います。
ただし、保険会社の担当者は示談交渉の手練れです。
被害者自身が交渉を行うと、不利である場合が多々あります。

弁護士の写真
Q2

接触事故の示談交渉について弁護士に相談する方法は?

適正な金額の示談金を請求するためには、事故直後からの適切な対応が必要です
。接触事故の被害にあった直後から、すみやかな対応を行いましょう。
事故直後から、弁護士無料相談することができます。