6人の弁護士がこの記事に回答しています

事故により鎖骨骨折となった…示談は弁護士に依頼できる?費用は?慰謝料は増額?

イメージ画像
  • 交通事故で鎖骨骨折した…
  • 慰謝料の弁護士基準とは?
  • 示談交渉の進み方は?

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が鎖骨骨折と弁護士に関する疑問を解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1鎖骨骨折で弁護士に示談を依頼する場合について

治療の流れ
Q1

鎖骨骨折…手術が必要?治療の期間は?

細くて湾曲した鎖骨は、折れやすい骨です。
鎖骨骨折は交通事故のほか、スポーツでもよく発生します。
捻挫や脱臼よりも激しい痛みを引き起こします。

慰謝料増額例
Q2

鎖骨骨折の示談交渉は弁護士に依頼できる?

交通事故で被害者に生じた損害は、加害者に請求できます。
損害額の金額は示談交渉によって決まります。
金額の合意が成立すると示談金が支払われます。

2鎖骨骨折の対応~事故直後から裁判まで

Q1

鎖骨骨折の事故直後に被害者がすべき対応は?

交通事故にあったら、まず加害者に情報を確認します。
連絡先や通勤先、車両の情報を聞きましょう。
加害者の保険の情報も問い合わせます。

Q2

鎖骨骨折の慰謝料とは?

示談金の項目には慰謝料が含まれます。
慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金です。
基本的は人身部分にのみ慰謝料が発生し、物損には発生しません。

3鎖骨骨折で弁護士に依頼するメリット

Q1

鎖骨骨折の示談の注意点は?

示談金額は保険会社との交渉によって決定します。
交渉に失敗すると示談金額が減ってしまいます。
弁護士に依頼すれば交渉が成功しやすくなります。

過失の種類ごとの具体例
過失の種類過失の具体例
軽過失徐行違反
右左折の合図遅れ
著しい過失スマホを見ながらの運転
わき見運転
重過失居眠り運転
酒酔い運転*

*酒気帯び運転の場合、著しい過失になります

Q2

鎖骨骨折の過失割合とは?

事故では被害者にも過失がありえます。
その場合、示談金は過失割合によって減額されます。
加害者と被害者との過失割合が8対2なら、2割の減額です。