6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故で鎖骨骨折となった…慰謝料の計算方法は?物損や、後遺障害の場合は?

イメージ画像
  • 交通事故で鎖骨骨折した…
  • 自賠責と任意保険の違いは?
  • 後遺障害のとき、慰謝料の計算は?

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が鎖骨骨折と慰謝料に関する疑問を解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1鎖骨骨折の慰謝料計算の基礎知識

治療の流れ
Q1

鎖骨骨折…手術が必要?治療の期間は?

細くて湾曲した鎖骨は、折れやすい骨です。
鎖骨骨折は交通事故のほか、スポーツでもよく発生します。
捻挫や脱臼よりも激しい痛みを引き起こします。

示談の流れ
Q2

鎖骨骨折の示談金と慰謝料の関係は?

交通事故では、被害者が加害者の保険会社から示談金を請求できます。
慰謝料は示談金の項目の一つです。
精神的苦痛に対する賠償金のことです。

2鎖骨骨折の対応~事故直後から裁判まで

Q1

交通事故の直後、病院と警察でやるべきことは?

事故の被害にあったときは、まず加害者に情報を確認します。
連絡先や勤務先、車両の情報を問い合わせましょう。
加害者の保険の情報も確認します。

Q2

鎖骨骨折の示談、保険会社への対応は?

示談金額は保険会社との交渉によって決定します。
同じ怪我でも、交渉に失敗すると示談金が減ります。
交渉の前に充分に準備しましょう。

3鎖骨骨折で弁護士に依頼するメリット

Q1

鎖骨骨折での示談交渉を弁護士に依頼すると?

示談は加害者本人とではなく加害者側の保険会社と行います。
しかし、保険会社の担当者は示談交渉のプロです。
一般の人が交渉を行うと、不利である場合が多々あります。

弁護士に示談を依頼すると…
示談金の計算
適切な金額が計算できる
慰謝料
弁護士基準で請求できる
裁判
弁護士に提起してもらえる
Q2

鎖骨骨折の過失割合の計算も弁護士に依頼できる?

示談交渉においては、様々な手続きが生じます。
後遺障害等級の認定の申請や過失割合の計算などです。
被害者にとって負担となることが多いです。