作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

高次脳機能障害損害賠償

【高次脳機能障害の損害賠償】判例から損害賠償の内訳が分かる

高次脳機能障害の判例をチェック

高次脳機能障害の損害賠償について判例をご紹介します。
本記事でとりあげた交通事故はすべて「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称・赤い本)2019」に掲載されています。

  • 高次脳機能障害の損害賠償額の判例は?
  • 高次脳機能障害の損害賠償の内訳は?
  • 高次脳機能障害の損害賠償で弁護士選びのポイントは?

最後までお読みいただければ、疑問は解消できます。
ひとつずつみていきましょう。


1

高次脳機能障害の症状|判例を読む前に知ってほしいこと

高次脳機能障害の損害賠償の内訳をみるまえに、高次脳機能障害の症状を押さえておきましょう。

事故で頭を打ってから
認知障害
  • 記憶力が下がったり、新しく学んだことを覚えていられなくなる
  • 複数のことを同時に行うことができなくなる
  • 注意力が散漫で集中できなくなる
行動障害
  • 周囲の状況にあわせた行動がとれなくなる
  • 周囲にあわせた適正な判断ができなくなる
  • 職場や社会でのルールを守れなくなる
  • 起こるかもしれない危険を予測して避ける行動がとれなくなる
人格変化
  • すぐに起こってしまう
  • 自己中心的な性格に変わる
  • こだわりやねたみが強くなる
  • 自発性が低下する

高次脳機能障害によって、

  • 社会にうまく適応できない
  • 人と関係を築くことが難しい

  • 生命の維持に介護が必要になる場合もある
  • 働くことができない/限られる

こういった苦しみがあることを前提にお読みください。

2

【判例】損害賠償①2億3288万2012円

東京地裁 平成21年(ワ)第10486号

後遺障害認定:別表第1後遺障害等級表1級1号

別表第1の1級1号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

損害賠償の内訳(一部抜粋)

  • 治療費:737万4840円
  • 将来介護費:8954万7640円
  • 逸失利益:1億2024万1277円
  • 後遺障害慰謝料:3200万円
  • 入通院慰謝料:480万円
3

【判例】損害賠償②9852万2326円

札幌地裁 平成20年(ワ)第342号

後遺障害認定:併合4級(高次脳機能障害は5級2号)

5級2号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの

損害賠償の内訳(一部抜粋)

  • 治療費:546万7022円
  • 将来介護費:686万9117円
  • 逸失利益:9085万1648円
  • 後遺障害慰謝料:1840万円
  • 入通院慰謝料:300万円
4

【判例】損害賠償③1億7533万7537円

大阪地裁 平成16年(ワ)第3473号

後遺障害認定:後遺障害等級表2級3号
※等級は平成13年政令第419号による改正前のもの

2級3号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し随時介護を要するもの
※等級は平成13年政令第419号による改正前のもの

損害賠償の内訳(一部抜粋)

  • 治療費:1012万930円
  • 将来介護費:5235万8040円
  • 逸失利益:9010万6387円
  • 後遺障害慰謝料:2300万円
  • 入通院慰謝料:300万円
5

高次脳機能障害の損害賠償はアトム法律事務所にご相談下さい

ここまでお読みいただきありがとうございます。
以下の関連記事では高次脳機能障害の判例について、高次脳機能障害と認定された背景を詳しく解説しています。
一つの判例でもいろいろな見方があります。
取りあげている判例も違いますので、関心のある方はお役立てください。

高次脳機能障害の損害賠償に関しては、「医学的な知識」が重要なポイントです。
ですから弁護士選びの際には交通事故の解決実績に着目してほしいです。

関連:アトム法律事務所の高次脳機能障害解決実績

アトム法律事務所には多数の解決実績があります。安心してお任せください。

【24時間・365日無料】TEL相談の予約窓口/弁護士とLINEトーク

アトム法律事務所の無料相談の予約受付の窓口は

  • 24時間
  • 365日

ご相談者様の都合の良い時間でご利用いただけます。

電話相談の特徴

専門のオペレーターが待機してお電話をお待ちしています。
まずはお話をお伺いしてから、ご相談に応じたご案内をいたします。

LINE相談の特徴

弁護士が直接トークの相手です。
LINE相談は、相談者の方のペースでご利用いただけます。
特に、電話をする時間はとれないという方に「利用しやすい」とのお声をいただいています。

一人ひとりにお返事をしています。弁護士の人数には限りがありますので、お返事に少しお時間をいただく可能性があります。
出来るだけお早めに話しかけてください。

無料相談のご案内
交通事故の怪我・後遺障害の 示談金・慰謝料でお困りの方は
弁護士無料相談をご利用ください
相談枠・弁護士数に限りがあります
相談依頼は今すぐ!
※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

6

この記事を読んでくださった方へ(代表弁護士 岡野)

高次脳機能障害の損害賠償については、その方のご状況に合わせた主張が大切です。お身体に残った高次脳機能障害の詳細をお伺いし、どのような不利益を被っているのかを不足なく適正に主張するために、解決実績の豊富な弁護士にお任せください。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。


全国/24時間/無料相談

無料相談窓口のご案内