3人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故|後遺症(後遺障害)の慰謝料相場は?14級や12級を計算しよう

イメージ画像
  • 後遺障害慰謝料とは?
  • 等級別相場は?
  • 無等級・併合の場合は?

このような後遺障害の慰謝料に関するお悩みを解説していきます。

1

後遺障害の慰謝料とは?逸失利益との違いは?

Q1

後遺障害慰謝料とは?

「後遺障害慰謝料」とは、後遺障害に対する慰謝料です。

交通事故によって怪我をした場合、傷害慰謝料を支払ってもらうことができます。

これに加えて、後遺障害等級認定がされたときは、後遺障害慰謝料も支払ってもらえます。

後遺障害慰謝料と傷害慰謝料
後遺障害
慰謝料
傷害
慰謝料
後遺障害
等級認定
なし
後遺障害
等級認定
あり
Q2

逸失利益との違いは?

「交通事故の逸失利益」とは、交通事故がなければ被害者が得たであろう経済的利益のことです。

「慰謝料」は、後遺障害の精神的苦痛に対する賠償です。

これに対して、「逸失利益」は、失われた経済的利益に対する賠償です。

逸失利益として賠償してもらえるのは、交通事故の後遺障害が理由で働けなくなってしまった場合に、交通事故がなければ得られたであろう収入などです。

賠償の対象について違いがありますが、請求の条件としては、どちらも後遺障害等級認定が必要です。

後遺障害慰謝料と逸失利益
後遺障害
慰謝料
逸失利益
内容 精神的苦痛
を賠償
経済的利益
を賠償
後遺障害
等級認定
の要否
必要 必要
イメージ画像
2

後遺障害の慰謝料相場(併合・非該当含む)

Q1

14級は?12級は?(慰謝料計算機あり)

後遺障害慰謝料は、後遺障害の等級によって異なります。

後遺障害等級の区分は、自賠責保険の後遺障害別等級表の項目にしたがいます。

算定基準は、通称「赤い本」に掲載されています。

「赤い本」との正式名称は、「民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準」です。

後遺障害慰謝料(赤い本基準)
1 2,800万円 2 2,370万円
3 1,900万円 4 1,670万円
5 1,400万円 6 1,180万円
7 1,000万円 8 830万円
9 690万円 10 550万円
11 420万円 12 290万円
13 180万円 14 110万円
無等級 X

たとえば、14級の場合110万円、12級の場合290万円になります。

等級が上がれば上がるほど、後遺障害慰謝料の金額も上がります。

適切な後遺障害等級を認定してもらうには、申請のポイントを把握した専門家のサポートのもと、十分な準備をすると安心です。

自分で慰謝料を計算したい方は…

さきほど説明した逸失利益も加味した金額が計算できる機能があります。

よく分からない点があれば、弁護士までお尋ねください。

Q2

非該当は「無等級X」になる?

後遺障害等級に該当しない、つまり「無等級」の場合、原則として後遺障害慰謝料はゼロです。

ただし、例外的に、実際に裁判で争った場合、傷害の内容・程度によって後遺症慰謝料が認められる可能性があります。

赤い本では、14級の下に「無等級 X」という欄がありますが、これがその理由です。

たとえば、3歯以上に対し歯科補綴(しかほてつ=クラウンやブリッジなどの人工物で歯を補うこと)を加えた場合、14級に該当します。

これに対して、2歯以下の場合は等級非該当ですが、「無等級 X」として後遺障害慰謝料が認められる可能性があります。

Q3

併合11級?併合14級?

後遺障害の併合とは、系列の異なる身体障害が複数ある場合に、どの等級を認定するかという問題です。

重いほうの身体障害の等級を認定する

重いほうの等級を1~3級繰り上げる

などの方法で、複数の後遺障害の等級とすることです。

自動車損害賠償保障法施行令2条1項3号に記載されたルールを整理すると、次のとおりです。

①  5級以上の後遺障害が2つ以上残存→重いほうの等級を3つ繰り上げる

②  8級以上の後遺障害が2つ以上残存 ⇒ 重いほうの等級を2つ繰り上げる

③  13級以上の後遺障害が2つ以上残存 ⇒ 重いほうの等級を1つ繰り上げる

④  ①~③以外の後遺障害が2つ以上残存する場合⇒重いほうの等級を認定

後遺障害14級については、併合されても等級の繰り上げはありません。

いちばん重い等級が14級の場合、後遺障害が複数あったとしても、等級は必ず併合14級になります。

かりに、いちばん重い等級が10級であり、次に重い等級が14級の場合、等級は繰り上がらず併合10級になります。

以下のような場合には、上記の併合による繰り上げのルールが適用されないので注意が必要です。

同一系列の場合

併合の等級繰り上げにより傷害の序列を乱す場合

組み合わせ等級が定められている場合

1つの障害を複数の観点で評価するにすぎない場合

派生する関係にある後遺障害

イメージ画像
3

後遺障害の慰謝料でお悩みの方へ|弁護士無料相談予約はこちらから

後遺障害の慰謝料計算をしてほしい

後遺障害認定の見通しが知りたい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故の弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

24時間365

深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

お気軽にお問い合わせください。

LINE相談完全無料です。

弁護士事務所まで足を運ぶほどの緊急性はないけれど、今後の流れを聞いてみたい

アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい

このような方も、ぜひご利用ください。