4人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の判例から過失割合を調査!10対0がもつ意味とは?

イメージ画像

交通事故過失割合について詳しく知りたいなら、「過去の判例」を読み解いてみましょう。

  • 過失割合を知るには交通事故の判例を読み解く
  • 10対09対18対2の判例とは

解説は、交通事故にくわしい弁護士がおこないます。

過失割合そのものについて詳しく知りたい方は、「交通事故の過失割合|なぜもめる?事例でみる10対0・9対1・8対2の違い」ご覧ください。


1

過失割合「10対0」の判例を調査

交通事故の過失割合が10対0
Q1

10対0の交通事故判例とは?

過失割合が「10対0」の交通事故の事例を紹介します。

過失割合が10対0になるような交通事故は、

駐停車中の車両に対する追突事故

センターラインからはみ出して対向車に衝突した

などが考えられます。

10対0の事例は?【自動車同士】
100の事例①
事例 駐停車車両Aの存在を警告する措置を取っているにもかかわらず、後ろから来た車両Bが追突した
車両A 0
車両B 10
100の事例②
事例 道路の左側部分を直進中の車両Aに、センターラインをオーバーしたまま走行してきた車両が追突した
車両A 0
車両B 10
100の事例③
事例 青信号に従って交差点を直進中の車両Aに、赤信号で交差点に進入してきた車両Bが追突した
車両A 0
車両B 10

※各個別の事案によって異なります

Q2

10対0がもつ意味とは?

過失割合が「10対0」の交通事故は、被害者の過失(不注意)はまったくありません。

10対0の過失割合であった場合、被害者が受けた損害の100%を加害者に請求することができます。

被害者側に過失が一切ないようなケースでは、いわゆるもらい事故であることが多いです。

もらい事故とは、信号待ちで停車中に後ろから追突されたようなケースを言います。

このような場合、被害者に過失は一切ないとされるため、すべての損害を加害者に請求することができます。

2

過失割合「9対1」の判例を調査

Q1

9対1の交通事故判例とは?

過失割合が「9対1」の交通事故の事例を紹介します。

過失割合が9対1になるような交通事故は、おおまかにいうなら

一方が優先道路の車と交差点衝突

歩行者が道路に飛び出したことで車に衝突した

などが考えられます。

9対1の判例は?【自動車同士】
91の事例①
事例 優先道路を走行中の車両Aが交差点にさしかかったところで、劣後車の車両Bが追突した
車両A 1
車両B 9
91の事例②
事例 青信号で交差点に進入したあと赤信号で右折した車両Aに、赤信号で直進してきた車両Bが追突した
車両A 1
車両B 9
91の事例③
事例 追い越し禁止の交差点で右折しようとした車両Aに、追い越し直進してきた車両Bが追突した
車両A 1
車両B 9

※各個別の事案によって異なります

9対1の判例は?【自動車と歩行者】
91の事例①
事例 歩行者Aが赤信号で横断歩道を渡りはじめた後に青信号になり、赤信号で進入してきた車両Bと衝突した
歩行者A 1
車両B 9
91の事例②
事例 歩行者Aが黄色信号で横断歩道をわたりはじめ、赤信号で進入してきた車両Bと衝突した
歩行者A 1
車両B 9

※各個別の事案によって異なります

Q2

9対1がもつ意味とは?

過失割合が「9対1」の交通事故は、被害者の過失(不注意)の1割を被害者自身で負担することになります。

9対1の過失割合であった場合、被害者が受けた損害の90%を加害者に請求することができます。

Q3

9対0になることもある?

交通事故の過失割合が9対0

交通事故の示談交渉では、過失割合が「9対0」になることも可能性としてあります。

残りの1割はどう扱われることになるのでしょうか。

9対0になった場合、相手方に支払う損害賠償金が「0」であることを意味します。

相手から得られる損害賠償額が少なくはなりますが、相手への損害賠償を負わなくていいことになります。

損害賠償分の保険を使用しなくていいので、保険の等級が下がることもなくなります。

交通事故の当事者同士が過失割合について合意することができず、妥協案として「9対0」が出されることがあります。

双方が折れなければ示談交渉はつづき、長期化を避けるための策として講じられることがあるようです。

3

過失割合「8対2」の判例を調査

Q1

8対2の交通事故判例とは?

過失割合が「8対2」の交通事故の事例を紹介します。

過失割合が8対2になるような交通事故は、おおまかにいうなら

交差点での直進車同士の衝突

交差点での右折車と直進車の衝突

などが考えられます。

8対2の判例は?【自動車同士】
82の事例①
事例 黄色信号で交差点を直進中の車両Aに、赤信号で直進してきた車両Bが追突した
車両A 2
車両B 8
82の事例②
事例 青信号で交差点に進入中の車両Aに、青信号で右折してきた車両Bが追突した
車両A 2
車両B 8
82の事例③
事例 見通しがきかない交差点にさしかかった車両Aに、一方通行にもかかわらず逆走してきた車両Bが追突した
車両A 2
車両B 8

※各個別の事案によって異なります

8対2の判例は?【自動車と歩行者】
82の事例①
事例 歩行者Aが青信号で横断を開始したがその後に赤信号に変わり、青信号で進入してきた車両Bと衝突した
歩行者A 2
車両B 8
82の事例②
事例 歩行者Aが黄色信号で横断を開始し、黄色信号で進入してきた車両Bと衝突した
歩行者A 2
車両B 8

※各個別の事案によって異なります

Q2

8対2がもつ意味とは?

過失割合が「8対2」の交通事故は、被害者の過失(不注意)の2割を被害者自身で負担することになります。

8対2の過失割合であった場合、被害者が受けた損害の80%を加害者に請求することができます。

保険会社が提示してきた過失割合に疑問がある方

過失割合については、相手方の保険会社との示談交渉でよく争われる点となります。

弁護士にご依頼いただければ、判例にもとづいた適正な過失割合になるよう交渉します。

増額交渉(弁護士あり)

アトム法律事務所は、LINE電話で相談を受け付け中です。

交通事故案件を数多く取りあつかう弁護士による相談をおこなっています。

気軽にお問い合わせください。

受け付けは24時間365日おこなっております。

ご都合の良い時間帯をお選びください。