作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故自賠責基準

【交通事故】自賠責基準とは?任意保険との違いや支払限度額、過失相殺を解説

自賠責基準の賠償金とは?
本記事のポイント

交通事故の賠償金額には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの金額基準がある

自賠責基準の賠償金額には上限がある

自賠責準の過失相殺は、通常の過失相殺よりも減額が少ない

交通事故の賠償金を考える時、同じ項目でも3つの金額基準があるため混乱しがちです。
本記事では、3つの基準のうち自賠責基準に焦点を当て、任意保険基準や弁護士基準との違いや特徴について解説しています。


1

自賠責保険基準と任意保険基準の違いは?

交通事故の賠償金は、基本的に加害者が加入する自賠責保険、任意保険から支払われます。

自賠責保険は、交通事故の被害者に対して最低限の補償を行うことを目的としています。そしてこの自賠責保険が支払う金額を定める基準のことを、自賠責基準といいます。

一方、任意保険は、自賠責保険による最低限の補償では足りない金額を補填する役割を持ちます。任意保険は加害者の代理人として示談交渉を行います。その際に任意保険会社が提示してくる金額を定める基準のことを、任意保険基準といいます。

これと併せて、交通事故の賠償金額にはもう一つ基準があります。それが弁護士基準です。弁護士基準は、被害者に示談交渉を依頼された弁護士が提示する金額を定める基準のことで、過去の判例をもとに設定されています。

慰謝料計算の3つの基準
基準内容
自賠責基準最低限の補償金額を算出する
任意保険基準任意保険会社が示談交渉で主張する金額を算出する
弁護士基準被害者が示談交渉で主張する金額を算出する

整理すると、

交通事故の賠償金は、示談交渉で加害者側任意保険会社が任意保険基準を、被害者側弁護士が弁護士基準を提示して決められる

示談交渉で決まった賠償金額のうち、自賠責基準の金額は自賠責保険が、それ以外の金額は任意保険が支払う

ということです。

3つの基準の金額を比較すると、以下のようになります。

慰謝料金額相場の3基準比較
2

自賠責基準の限度額は?

自賠責保険が支払うことのできる賠償金額には上限があります。その限度額は以下の通りです。

自賠責保険の支払限度額
限度額
死亡事故3000万円
後遺障害等級に応じた限度額
傷害部分120万円

後遺障害に対する支払限度額は、後遺障害等級ごとに定められています。その金額は、以下の通りです。

自賠責基準の後遺障害慰謝料(万円)
等級自賠責基準
11,100
2958
3829
4712
5599
6498
7409
8324
9245
10187
11135
1293
1357
1432
3

過失割合は自賠責基準の慰謝料に影響する?

自賠責保険基準の慰謝料にも、過失割合が適用されます。
ただし、その適用ルールは任意保険会社が支払う賠償金に対するものとは違います。

用語

過失割合

交通事故が起こった責任が、被害者と加害者それぞれにどれだけあるかを割合で示したもの。

これを交通事故の賠償金額に反映させることを過失相殺という。

任意保険会社が支払う賠償金には、過失割合がそのまま適用されます。
被害者の過失割合が1なら賠償金額は1割減らされますし、5なら5割賠償金額が減らされます。
しかし、自賠責保険による補償では、最低限の補償を行うという観点から、以下のように過失割合が適用されます。
まずは被害者が死亡・後遺障害を負った場合の過失相殺です。

被害者の過失割合と過失相殺①
過失割合減額
7割未満減額なし
78割未満2割減額
89割未満3割減額
910割未満5割減額

次に、傷害の場合の過失相殺です。

被害者の過失割合と過失相殺②
過失割合減額
7割未満減額なし
78割未満2割減額
89割未満
910割未満
注意

自賠責保険での過失割合の適用は上記のようになっています。
しかし通常賠償金の支払いは、任意保険会社が自賠責保険の支払分も含めて一括で支払います。そのため、自賠責保険の支払分も任意保険の支払分と一緒に、任意保険の方法で過失相殺されてしまいます。
自賠責保険の方法での過失相殺をするためには、任意保険に一括で支払ってもらうのではなく、自賠責保険の支払分は被害者自身で自賠責保険会社に請求する必要があります。

4

交通事故の賠償金は弁護士に相談を

交通事故の賠償金についてお困りの場合は、弁護士にご相談ください。

示談交渉で加害者側に提示された金額は妥当なのか、過失割合はどれくらいになりそうなのかといったご質問から、示談交渉の代行やその他の手続きのサポートまで受け付けております。

アトム法律事務所では、LINE電話での無料相談も可能です。まずはお気軽にお話をお聞かせください。

満足度90%超え
アトム法律事務所の無料相談

LINE電話で相談が可能

24時間365日ご予約は随時受付中

無料相談時に無理に契約をお勧めすることはありません


弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。