6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の過失割合が8対2…人身事故として届け出するべき?慰謝料は請求できる?

イメージ画像
  • 過失割合が8対2になるのはどんな場合?
  • 人身部分と物損部分の過失割合は別になる?
  • 保険会社の主張に納得いかない…

このページでは、示談交渉の経験豊富な交通事故専門のベテラン弁護士が過失割合8対2の交通事故や人身に関して解説します。

※掲載情報はすべて2018年の最新版です。

1過失割合が8対2の人身事故、示談金や慰謝料はどうなる?

示談の流れ
Q1

過失割合が8対2の交通事故における示談の流れは?

過失割合8対2の交通事故の被害者になったら、加害者に損害賠償を請求できます。
示談を行い、賠償金の金額について加害者側と被害者側が交渉することになります。
示談金の項目は様々であり、治療費・慰謝料・休業補償などが含まれます。

事故と示談の流れ
Q2

物損事故から人身事故に切り替えできる?

事故で怪我をしても、軽傷であれば物損事故として立件されることがあります。
物損事故には、加害者側の自賠責保険が適用されないなどのリスクがあります。
人身事故への切り替えを検討しましょう。

28対2の過失割合、示談金や慰謝料への影響は?

過失割合と損害賠償
加害者被害者
過失割合
支払い被害者の損害のX割を支払う加害者の損害のY割を支払う
受け取り加害者の損害のY割を受け取る被害者の損害のX割を受け取る

Q1

過失割合が8対2とは、どういうこと?

大半の交通事故では、被害者にも過失があります。過失割合は加害者と被害者それぞれの責任を表します。
たとえば過失割合が8対2であるとき、加害者側の過失は8割、被害者側の過失は2割となります。
示談金の金額は、過失割合に応じて過失相殺されます。

慰謝料は示談金の一部
Q2

慰謝料への影響は?

過失割合による減額の対象は、示談金の全項目です。
被害者の過失が1割の場合、10%の示談金が減額されます。
さらに、被害者は加害者の損害額の10%を賠償する責任を負います。

3過失割合が8対2の交通事故のポイント

悩み
Q1

過失割合が8対2のときのデメリットは?

交通事故では、基本的には加害者側の過失の方が大きいです。
しかし、大半の場合は被害者側にも一定の過失があります。
過失割合が8対2となることも珍しくありません。

過失割合8:2の場合*
加害者被害者
過失割合82
損害額400万円1,000万円
請求金額400万円×0.280万円1,000万円×0.8800万円
最終的に貰える金額0800万円-80万円 = 720万円

*被害者自身の対人・対物賠償保険を使わない場合

Q2

過失割合が8対2になる交通事故の事例は?

自動車などの交通強者には、自転車や歩行者などの交通弱者よりも強い注意義務が課されます。
自動車の過失は、歩行者の過失よりも重く見られます。
また、被害者が交通弱者の場合、加害者の過失は重くなります。

4弁護士に相談して、有利な過失割合で示談しよう

示談金の増額例
Q1

8対2の過失割合に納得がいかないときの対応は?

被害者が得られる示談金額は、過失割合に左右されます。
ときとして数百万円や数千万円の違いをもたらす要素であり、加害者側も重要視します。
保険会社は過失割合は修正要素を念入りに調べて、加害者側の過失を低く見積もろうとします。

弁護士の写真
Q2

弁護士に無料相談する方法は?

保険会社に過失割合の計算を任せると、加害者に有利な計算がされてしまいます。
過失割合の数字に納得がいかなければ弁護士に相談しましょう。
慰謝料も、高額な相場である弁護士基準で請求できます。