作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故後遺障害12級慰謝料

交通事故|後遺障害12級の慰謝料は?12級の認定基準、慰謝料事例を弁護士が解説

後遺障害等級12級の慰謝料

この記事では「後遺障害12級の慰謝料」について交通事故に詳しい弁護士が解説しています。

この記事のポイント

後遺障害12級の場合、裁判所の慰謝料相場は290万円。

保険会社との示談では、290万円を下回ることが多い。

弁護士に依頼すれば、示談金が増額する可能性がある。

弁護士費用特約を活用すれば、費用倒れにはならない。

「交通事故の後遺症…後遺障害12級が認定されたら慰謝料はいくらもらえるの?」

交通事故に遭われ、後遺症がのこった場合、適切な慰謝料をうけとるには後遺障害等級認定を受ける必要があります。
後遺障害等級は1級~14級まであり、12級が認定される事例も比較的多いことでしょう。

等級認定が済んだあとは、慰謝料の相場や、増額の秘訣が気になりますよね。

  • 後遺障害12級の慰謝料の相場は?
  • 後遺障害12級の増額事例は?

今回は、このような「後遺障害12級」の慰謝料にまつわる疑問を弁護士が解説していきます。



1

交通事故|後遺障害12級の慰謝料とは?

後遺障害の慰謝料とは?

いわゆる「後遺障害慰謝料」とは?

いわゆる「後遺障害慰謝料」とは、後遺障害が残ったことによる精神的苦痛に対する慰謝料のことです。

後遺障害

治療が終了したときに残存する後遺症のこと。

※①交通事故との因果関係があり、②後遺障害等級認定をうけたものが「後遺障害」となる。

交通事故の後遺症が残った場合には、その後遺症について「後遺障害等級認定」をうけることで、「後遺障害慰謝料」の賠償請求が可能になります。

そもそも「交通事故の賠償金」とは?示談金の内訳は?

後遺障害が認定された場合、請求できる損害賠償の内訳は以下のとおりです。

交通事故損害賠償の内訳

後遺障害慰謝料は、治療終了後の損害として賠償請求可能です。

治療終了後の損害として賠償請求できるもの

治療終了後の損害については、後遺障害慰謝料のほか、逸失利益の賠償請求ができます。

治療終了後の損害賠償金
後遺障害逸失利益
後遺障害によって稼ぐことができなくなった将来の収入に対する補償。
後遺障害慰謝料
後遺障害が残ったことによる精神的苦痛に対する慰謝料。

治療中の損害として賠償請求できるもの

治療中の損害については、治療費、休業損害、入通院慰謝料など、賠償請求ができます。

治療中の損害賠償金
治療費
交通事故による怪我の治療にかかった費用。
必要かつ相当な範囲内で実費が補償される。
休業損害
治療中に仕事を休んだために減少した収入に対する補償。
入通院慰謝料(傷害慰謝料)
入通院を余儀なくされた精神的苦痛の慰謝料。
入通院の治療期間に応じて金額が算定される。
治療費

交通事故にあって緊急入院をした費用など、受傷後の治療費は「必要かつ相当な範囲」で請求できます。

休業損害

また、通院や入院で働けなかった場合、その分お給料が減ってしまいますよね。これを休業損害といいます。会社員はもちろんのこと、主婦でも補償してもらえます。交通事故による休業損害の計算はその人の属性に応じて異なります。

入通院慰謝料

加えて、入院・通院など治療期間に応じた慰謝料(弁護士基準)も請求することができます。

そのほか

そのほか、物損があれば修理費を賠償してもらえます。
被害者の方が亡くなられた場合には、死亡に関する逸失利益、慰謝料などの賠償金がもらえます。

◆示談金の計算機◆~慰謝料・示談金を自動計算してみる~

交通事故の示談金、慰謝料相場が知りたい方へ。

こちらの自動計算機では・・・

入通院慰謝料

休業損害

後遺障害慰謝料

後遺障害逸失利益

など自動で計算できます。⇊

登録不要なので、お気軽にお試しください。

12級の慰謝料相場(290万)

裁判例の相場は?

さて、後遺障害慰謝料に話を戻しましょう。
後遺障害慰謝料は等級ごとに相場があります。
後遺障害12級の場合、裁判で認められる適正な慰謝料相場は290万円です。

弁護士基準による慰謝料の相場

290万円というのは、過去の裁判例を参考にした「裁判基準」(弁護士基準)の相場です。

裁判基準(弁護士基準)とは?慰謝料の算定基準は3種類、その違いとは…

慰謝料の算定基準には、裁判基準(弁護士基準)、任意保険基準、自賠責基準の3種類があります。
慰謝料を算定する立場によって、それぞれ使い分けられています。

慰謝料金額相場の3基準

裁判基準(弁護士基準)は、実際の裁判例の相場を参照したもので、3種類の基準のうち最も高額です。
被害者側の弁護士は、この裁判基準(弁護士基準)を用いて慰謝料を算定し、保険会社と示談交渉にのぞみます。

これに対して、自賠責基準は、自賠責保険の支払基準です。
任意保険基準は、任意保険会社の支払基準ですが、実際のところ自賠責基準と同程度であるといわれています。

弁護士に示談交渉を依頼すると慰謝料増額につながるのは何故?

かりに被害者側が裁判に持ち込めば、保険会社は裁判基準(弁護士基準)による慰謝料を支払わざるを得なくなります。

くわえて、裁判費用も負担しないといけなくなるため、保険会社としてはコストがかかってしまいます。
そして、弁護士が示談交渉の相手方の場合、示談ができなければ裁判に持ち込まれる可能性が高くなります。
このような事情から、保険会社としては「裁判になるよりは、裁判基準(弁護士基準)の示談交渉に応じたほうがコストがかからない」と考えるようになるのです。

そのため、裁判基準(弁護士基準)を用いた弁護士の示談交渉は、慰謝料増額につながるのです。

まとめ

慰謝料の算定基準

①弁護士基準

実際の裁判例をもとにした慰謝料相場

3つの算定基準のなかでいちばん高額

②任意保険基準

任意保険の保険会社独自の支払基準

自賠責基準とほぼ同額か、自賠責基準に少し上乗せした程度

③自賠責基準

自賠責保険の支払基準

保険会社の提示額は、弁護士基準と比べれば、少なくなりがちです
交通事故で適正な慰謝料金額を知りたい方は、アトム法律事務所の無料相談を是非ご活用ください。

12級の後遺障害(1~14号)

12級の後遺障害は、1号~14号まであります。

それぞれの後遺障害の内容は以下のとおりです。

12級1号

1眼の眼球に著しい調節機能障害

1眼の眼球に著しい運動障害

12級2号

1眼のまぶたに著しい運動障害

12級3号

7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

12級4号

1耳の耳殻の大部分を欠損

12級5号

鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形

12級6号

1上肢の3大関節中の1関節の機能障害

12級7号

1下肢の3大関節中の1関節の機能障害

12級8号

長管骨に変形を残すもの

12級9号

1手の小指を失ったもの

12級10号

1手のひとさし指の用廃

1手のなか指の用廃

1手のくすり指の用廃

12級11号

1足の第2の足指を失ったもの

1足の第2の足指を含み2本の足指を失ったもの

1足の第3の足指以下の3本の足指を失ったもの

12級12号

1足の第1の足指の用廃

1足の第1の足指以外の他の4本の足指の用廃

12級13号

局部に頑固な神経症状を残すもの

12級14号

外貌に醜状を残すもの

2

交通事故|後遺障害12級の慰謝料事例

後遺障害12級の慰謝料相場は290万円ですが、個別の事例ごとに増額されることもあります。

今回は、いわゆる「赤い本」(2019年度版)に掲載されている裁判例のなかから、後遺障害慰謝料の増額事例をご紹介します。

※「赤い本」

日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」のこと。

赤い本には、東京地方裁判所の実務に基づいた賠償額の基準が示されている。

外貌醜状(女子・550万)

女子中学生の顔面醜状:550万円

※浦和地判H6.7.15 交民27・4・936

コメント

12級の醜状障害は、頭部、顔面部、頚部などの日常露出する部分について欠損、陥没、瘢痕がのこる後遺障害のことです。

従来、外貌醜状による影響は男女差があると考えられていたことから、外貌醜状に関する後遺障害等級の認定基準は男女別に定められていました。しかし、障害年金の受給額が不平等になる等の観点から、現在では、等級認定基準は男女で統一化されています。

ただし、若い女性にとって外貌醜状がのこる苦痛は大きいことはたしかであり、女の子の顔の傷に関する慰謝料は増額される可能性があります。

足関節の機能障害(350万円)

男性・板前・足関節障害:350万円

※東京地判H16.11.17 自保ジ1586・20

コメント

12級の機能障害とは、関節の可動域が健側(=障害のない側)の可動域と比べて、動かせる角度が制限される後遺障害のことです。
3大関節中いくつの関節に機能障害があるのか、どのくらい可動域が制限されているのかによって、後遺障害等級が異なってきます。

この裁判例では、足首の後遺障害が問題になっています。

被害者は板前であったところ、足関節(足首の関節)の機能障害により、立位でおこなう板前という職業に支障がでたため、後遺障害慰謝料が増額されています。

股関節の機能障害(550万円)

主婦・股関節の機能障害:550万円

※千葉地判H20.6.23 交民41・3・740

コメント

こちらの裁判例では、股関節の機能障害が問題になっています。

被害者の後遺障害等級は12級でしたが、

後遺障害の程度が10級に近いこと

将来人工骨頭置換術を余儀なくされる可能性があること

等の理由から、10級の相場に準じて慰謝料が増額されました。

この事例からわかることは、後遺障害の症状しだいでは、上位の等級の慰謝料相場が認定される可能性があるということです。
このようなテクニカルな主張が認められるかどうかは、交通事故にくわしい弁護士の腕しだいでしょう。

後遺障害10級・12級(下肢)
等級 後遺障害
10 関節の可動域が健側の2分の1以下
人工関節等の挿入置換
12 関節の可動域が健側の4分の3以下
後遺障害慰謝料の比較
等級 後遺障害慰謝料
10 550
12 290

※単位:万円

3

交通事故の後遺障害、12級の慰謝料…お悩みは弁護士まで

デメリットなし?弁護士費用特約とは…

後遺障害等級の認定や、慰謝料増額のために弁護士に依頼したいけれど、弁護士費用が高額になりそうで心配という声も、しばしば耳にします。

「実際問題、費用が心配。慰謝料を増額できても費用倒れにならないといいけれど…。」

このようなご心配について、ぜひ活用していただきたいのが弁護士費用特約です。

費用倒れにならない?弁護士費用特約とは・・・

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、被害者側が加入する自動車保険の特約で、保険会社が弁護士費用の全部または一部を負担するというものです。

一般的に交通事故の相手方が車やバイクであれば利用できることが多いです。

交通事故の解決を弁護士に依頼しようと思っても、

「弁護士費用が高くて、費用倒れになりそう…」

と足踏みされる方もおられると思います。

ですが、このような弁護士費用特約がついていれば、費用倒れになる心配はありません。

ご不安な点については、まずは無料相談をご活用ください。
慰謝料の相場、手続きの流れについても、お気軽にご相談ください。

【弁護士の無料相談】まずは相談…ご予約はこちら

交通事故の後遺障害慰謝料はいくら?

後遺障害12級を獲得したい!

保険会社の示談金が少ない…増額できる?

このようなお悩みで法律事務所をお探しの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

24時間365

深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

LINE相談完全無料です。

「事務所まで来所する時間的余裕はない」

「アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい」

このような方でも、お気軽にご相談いただけます。
早期のご相談が、お悩み解決の秘訣です。
お電話・メール・LINEにて、お気軽にお問い合わせください。

今後の示談交渉の流れ、後遺障害等級認定の流れなど、ご不明点があればお気軽にご相談ください。
早期にご不安を解消していただくことが、適切な示談金を獲得する近道です。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。