交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

症状データベース(脊柱管狭窄症の逸失利益)

脊柱管狭窄症の逸失利益 平均649万円

調査結果:最小99万円〜最大1441万

脊柱管狭窄症の実例6件平均内訳

  • 99万円(61歳・男性)
  • 110万円(67歳・男性)
  • 338万円(57歳・男性)
  • 756万円(49歳・男性)
  • 1148万円(49歳・女性)
  • 1441万円(73歳・男性)

脊柱管狭窄症の平均的な逸失利益は、データベース上の実例6件を調べたところ、約649万円となっています。

※当ページの情報は、脊柱管狭窄症以外の症状も含む可能性があります。

脊柱管狭窄症の逸失利益実例

100万以下

100~500万

500~1000万

1000万~1憶

1億以上

16.7%
33.3%
16.7%
33.3%
0%
脊柱管狭窄症(逸失利益)の実例6件を調査したデータ

脊柱管狭窄症の実例を逸失利益毎にまとめました。個別のケースについての詳細は下からご覧ください。

0万円

金額:99万

61歳・男性

受傷:2004/09/15

症状:腰部脊柱管狭窄症頸椎間板ヘルニア

14級(併合あり)

100万円

金額:110万

67歳・男性

受傷:2009/02/17

症状:腰部脊柱管狭窄症肩鎖関節脱臼頚椎症

11級(併合あり)

金額:338万

57歳・男性

受傷:2003/12/26

症状:脊柱管狭窄症頭部打撲頸部挫傷踵部挫傷背部挫傷

12級12号

500万円

金額:756万

49歳・男性

受傷:2006/07/17

症状:頚部挫傷頭部打撲外傷性頸椎椎間板ヘルニア頸部脊柱管狭窄症中心性頸髄損傷

12級13号

1000万円

金額:1148万

49歳・女性

受傷:1996/09/20

症状:頚椎捻挫頸髄不全損傷腰椎捻挫頸部脊柱管狭窄症頚椎症性脊椎症

10級(併合あり)

金額:1441万

73歳・男性

受傷:2008/02/28

症状:頚椎捻挫腰椎捻挫脊柱管狭窄症左下肢しびれ

12級(併合あり)

脊柱管狭窄症とは

せきちゅうかんきょうさくしょう

脊柱管狭窄症

類型:腰部脊柱管狭窄症、頸椎脊柱管狭窄症、頸部脊柱管狭窄症

脊柱管の狭小化により、脊髄または椎間孔付近の坐骨神経根が圧迫される症状。歩行や荷重により負荷が加わると背部痛,神経根圧迫の症状,下肢の痛みやしびれを引き起こす。
原因として先天性のもの、加齢による変形性関節症・椎間板疾患・脊椎症、外傷による狭小化、慢性関節リウマチなどの慢性疾患が挙げられる。

原因・治療法などを見る

アトム法律事務所顧問医

奈良県立医科大学附属病院

藤井 宏真先生

脊柱管狭窄症についてもっと調べる

期間について

金額について