作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故無料電話相談

交通事故で「無料電話相談」できる窓口一覧表|弁護士へのアクセスも!

無料電話相談できる窓口って?

交通事故にあった際、様々なお悩みに回答してくれる相談窓口があると心強いものです。
ですが相談が有料だと、何度も相談しなければいけない場合は費用がかさんでしまいます。
また直接会っての相談しかできないと、普段の生活の中で時間を割いて相談所に行くのが負担になってしまいます。
交通事故に関して気軽に、なおかつ納得のいく相談をするには無料電話相談が便利です。
この記事では、無料かつ電話で相談できる窓口を紹介します。

  • 交通事故で無料電話相談ができる窓口は?
  • より相談に適した窓口はどうやって選ぶ?
  • 弁護士に無料相談した場合はどうなる?


1

交通事故を無料で電話相談できる窓口一覧|被害者・加害者問わず利用可能なのは?

以下は代表的な、無料で電話相談が出来る窓口です。
なお、混雑する時間帯など、電話がつながりにくくなる場合もあります。
また電話代については、フリーダイヤル以外は相談者の方のご負担となるためご留意ください。

日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは日本弁護士連合会により、交通事故に関する問題を迅速に解決するために設立された機関です。
交通事故の相談に関しては被害者/加害者問わず、自転車事故や物損事故などについても受け付けています。

日弁連交通事故相談センター
事業者 日本弁護士連合会
ホームページ 日弁連交通事故相談センター公式HP
電話番号 0570078325
平日 午前10時~午後330
(祝日、年末年始を除く)
(午後030分~1時は休憩時間)
相談時間 1回あたり10分ほど
相談員 弁護士

なお、注意点として

すでに代理人(弁護士など)を選任している

事故当時者、親族、親族に準ずる者以外による申し込み

相談回数の制限を超えている

などの場合には、相談を受けることができません。
また、約10分という時間制限から、事前に相談内容を十分整理しておく必要があります。

東京都交通安全協会

東京都交通安全協会は東京都内の交通安全推進活動の一環として、交通事故に関する法律相談を行っています。

東京都交通安全協会
事業者 一般財団東京都交通安全協会
ホームページ 東京都交通安全協会公式HP
電話番号 0332060507
平日 午前830分~11時 午後0時~4時(祝日、年末年始を除く)
相談時間 制限なし
相談員 専門の相談員

回数や時間に制限が無いのが特徴ですが、

既にほかの機関に相談している場合
などは相談の対象外となる場合がありますので、注意が必要です。

自賠責保険・共済紛争処理機構

自賠責保険・共済紛争処理機構は自賠責保険から支払われる保険金などの紛争解決・被害者保護を目的とする機関です。
自賠責保険に関する法律相談・調停事業を広く行っています。
特に後遺障害等級についての相談が多いようです。

自賠責保険・共済紛争処理機構
事業者 一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構
ホームページ 自賠責保険・共済紛争処理機構公式HP
電話番号 0120159700
平日 午前9時~12時、午後1時~5時(祝日、年末年始を除く)
相談時間 制限なし
相談員 専門の相談員

そんぽADRセンター

そんぽADRセンターは損害保険全般に関する事業を行っている機関です。
損害保険に関する一般的な相談、自動車保険の保険金請求に関する相談を受け付けています。

そんぽADRセンター
事業者 一般社団法人日本損害保険協会
住所 東京都千代田区神田淡路町29(本部)
ホームページ そんぽADRセンター公式HP
電話番号 0570022808
(IP電話などからは0343325241
平日 午前915分~午後5時(祝日、年末年始を除く)
相談時間 制限なし
相談員 専門の相談員

各種保険会社窓口

自動車保険は、各社で加入者に対するサポートセンターを設置しています。
また、交通事故にあった本人が加入していなくとも、家族が加入していれば保険の補償範囲内となることもあります。
まずは自身の保険会社に問い合わせをし、保険による補償が受けられないか確認しましょう。
事故発生時の窓口と、事故後の相談窓口などは電話番号が異なります。
主な保険会社の相談窓口は以下の通りです。

各種保険会社の相談窓口*
保険会社名(五十音順) 電話番号 受付時間
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 0120101101
(自動車保険)
平日 午前9時~午後7
土日祝 午前9時~午後5
(年末年始を除く)
0120395101
(自賠責保険)
平日 午前9時~午後5
(祝日、年末年始を除く)
アクサ損害保険株式会社 0120449669 平日 午前9時~午後5
(祝日、年末年始を除く)
イーデザイン損害保険株式会社 0120063040 平日 午前10時~午後6
(年末年始を除く)
共栄火災海上保険株式会社 0120719112 平日 午前9時~午後6
(祝日、年末年始を除く)
セコム損害保険株式会社 0120333962 平日 午前9時~12
午後1時~6
(祝日、年末年始を除く)
セゾン自動車火災保険株式会社 0120281389 平日 午前9時~午後530
(祝日、年末年始を除く)
ソニー損害保険株式会社 0120101656 平日 午前9時~午後530
(祝日を除く)
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 0120123908 平日 午前9時~午後8
土日祝 午前9時~午後5
(年末年始を除く)
そんぽ24損害保険株式会社 0120474024 平日 午前9時~午後5
(祝日を除く)
大同火災海上保険株式会社 0120671071 平日 午前9時~午後5
(土日、祝日を除く)
東京海上日動火災保険株式会社 0120153381 平日 午前9時~午後8
土日祝 午前9時~午後6
日新火災海上保険株式会社 0120172424 平日 午前9時~午後5
三井住友海上火災保険株式会社 0120632277 平日 午前9時~午後8

土日祝 午前9時~午後5

(年末年始を除く)

三井ダイレクト損害保険株式会社 0120312770 平日 午前9時~午後5
(祝日を除く)
楽天損害保険株式会社 0120115603 平日 午前9時~午後5

(年末年始を除く)

au損害保険株式会社 08007000600 午前9時~午後5
(年末年始を除く)
SBI損害保険株式会社 08008888836 平日 午前9時~午後5
(祝日、年末年始を除く)

*主に自動車事故の相談窓口。傷害保険などの相談窓口が個別にある場合もある。

保険会社によっては、電話のみならずチャットやメールでの相談を受け付けている場合もあります。
ご自身のライフスタイルに合わせた相談方法をお選びください。

各自治体の相談窓口

各自治体などが交通事故の無料相談所を設置していることもあります。
ただし、電話相談を受け付けている相談所は少数です。

参考:無料電話相談を案内してくれる窓口

以下で紹介する2つは、電話相談自体は行っていませんが交通事故に関して相談窓口を紹介してくれます。
電話をしたうえで、「無料で電話相談できる窓口を探している」旨を伝えれば、お悩みに即した窓口を教えてもらえます。

法テラス

法テラスは国によって設立された、法的トラブルの案内所です。
電話での問い合わせ受付時間が長く、またメールでも相談窓口の紹介を受け付けています。

法テラス
事業者 行政
住所 東京都中野区本町1322 ハーモニータワー8
ホームページ 法テラス公式HP
電話番号 0570078374
平日 午前9時~午後21
土曜 午前9時~午後17

NASVA

NASVAは自動車事故の発生防止および被害者の支援を目的とする機関です。
被害者支援の一環として、交通事故被害者に対する法律相談窓口の紹介を行っています。
電話だけではなく、メールでの問い合わせも受け付けています。

NASVA
事業者 独立行政法人自動車事故対策機構
住所 東京都墨田区錦糸321 アルカイースト19階(本部)
ホームページ NASVA公式HP
電話番号 0570000738
IP電話からは0368538002
平日 午前9時~午後5時(祝日、年末年始を除く)

交通事故関連のみならず被害者支援の窓口についても紹介を行っています。
交通事故の被害者に対する福祉制度や支援サービスについて知りたい時にも役立つかもしれません。

2

まとめ|どこに無料電話相談すればいい?

イメージ画像

ここまで、電話で無料相談できる相談窓口を複数紹介してきました。
実際に相談する際には、ホームページなどを見てご自身の相談内容にあった窓口かを確認しましょう。
窓口の選び方は、次の一覧表を参考にしてください。

選択の目安

相談内容で見る相談窓口*

目的 相談先
自賠責保険について知りたい
相手方が自賠責保険にのみ加入
後遺障害等級に関する質問
日弁連交通事故相談センター
自賠責保険・共済紛争処理機構
任意の保険会社について知りたい
相手方保険会社との示談交渉について
日弁連交通事故相談センター
そんぽADRセンター
各種保険会社窓口
弁護士に相談したい 日弁連交通事故相談センター

*事案や事故状況によって相談を受けられない場合もある

3

実際に弁護士に電話で無料相談する時の流れは?

無料電話相談の流れ|弁護士への相談

今まで紹介した機関の他に、弁護士事務所でも交通事故に関する無料相談を受け付けているところがあります。
ですが無料相談でどこまで答えてもらえるのか、ご不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
実際にアトム法律事務所に電話相談する場合のシミュレーションをしてみます。

①電話をかける

実際に上記の番号に電話をかけてみます。
専門の受付スタッフが24時間365日応対しています。

②交通事故について話す

交通事故が発生した日時、その際に乗っていたもの、交通事故の状況、傷害の内容、後遺障害の有無などを話します。
この時、事故の状況や争いとなっている部分を自分なりにまとめておくとスムーズです。

③弁護士から折り返し電話がかかってくる

弁護士事務所がお応えできる事案であれば、順次弁護士から折り返し電話がかかってきます。
このとき、不都合な日・時間帯があれば、事前に受付スタッフにお伝えいただきます。

④無料相談をする

弁護士と直接話して相談をします。
ご自身の目指す解決の方向などについても、ぜひお教えください。

⑤二度目の無料相談・面談相談など

事案と必要に応じて二度目の電話相談を行ったり、直接会って面談での相談を行います。
ご依頼に移行する場合も、費用倒れにならないかについて事前にしっかり計算してお伝えします。

弁護士に無料電話相談することのメリット

弁護士への電話相談には、次のようなメリットがあります。

① 遠方の弁護士にも相談ができる

② 移動のための費用・時間の節約になる

③ 緊急時にもいち早く相談できる

③ 専門性が高く、相談者の立場に立ったアドバイスを受けることが出来る

① せっかくの相談は、交通事故の分野に精通した弁護士にしたいものです。
お住まいの近くに交通事故に詳しい弁護士がいない場合でも、電話相談であれば気軽に質問が出来ます。

② 実際に会う面談での相談では移動に時間がかかり、交通費も自己負担となります。
ですが電話相談であれば時間は相談にかかる時間のみで済み、交通費もかかりません。

③ 多くの電話相談窓口は平日のみ、午後6時前には閉じてしまうことがほとんどです。
ですが24時間の電話相談を受け付けている事務所を選べば、その場で電話することで土日や深夜でも相談やその予約をすることが可能です。

④ 通常の相談窓口の相談員は、基本的には交通事故に関して中立の立場です。
一方で弁護士は相談者や依頼者のために活動しますから、交通事故に精通した弁護士から被害者の立場に立った、より実務的に有効な回答を得られます。

交通事故が重大であったり、あるいは相手方からしっかりと慰謝料などを受け取りたいとお考えの方は、弁護士への無料相談も選択肢の一つになります。

4

交通事故の無料・24時間相談は弁護士にお任せください

記事のまとめ

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

交通事故の無料電話相談を受け付けている窓口は複数ある

どの窓口を選ぶかは相談内容から考える

弁護士事務所でも無料電話相談を受け付けているところがある

無料電話相談・LINE相談などを24時間365日受付中

LINE相談

交通事故に関しては治療のこと、後遺傷害のこと、保険のこと、慰謝料のこと、相手方との交渉のことなど、様々なお悩みがあると思います。
一人で悩む前に、まずは専門家に相談することをお考えください。
アトム法律事務所ではLINEや電話での無料相談を受け付けています。
そもそも弁護士に相談すべき事案なのかどうか、慰謝料などの概算だけでも知りたい、どのようなお悩みでも結構です。
ぜひ無料電話相談をご活用し、交通事故の解決を目指してください。


弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業依頼、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。