作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

弁護士費用交通事故

交通事故の弁護士費用|相場は?安くおさえる方法はある?

弁護士費用の相場・安くなる方法

この記事は

弁護士費用の相場

弁護士費用を安くする方法

を解説していきます。

  • 弁護士費用に相場はある?
  • 弁護士費用を安くしたい…
  • 弁護士費用は加害者に支払ってほしい

これらの疑問やお悩みはこの記事で解決していきましょう。


1

交通事故の弁護士費用の相場

弁護士費用の内訳

弁護士費用には次のような項目があります。

弁護士費用の内訳

相談料

着手金

成功報酬

その他(日当や通信費、収入印紙代など)

費用の内訳についてもっと詳しく知りたい方は以下の関連記事もぜひ読んでください。

関連記事:弁護士費用の内訳

弁護士費用の相場とは

日本弁護士連合会は内訳の着手金報酬金に関してアンケートを行っています。
アンケート結果は以下の通りです。

アンケート

交通事故で重傷

弁護士判断では1000万円が妥当だが、相手方からは500万円の提示

結果、1000万円で勝訴判決

→この場合の着手金・報酬金は・・・

<着手金>
30万円…49%
20万円…20%

<報酬金>
50万円…35%
70万円…18%

このような結果が出ています。

交通事故の着手金については、約70%の回答が20万円または30万円に集中しています。
交通事故の被害者に向けては、一定の条件下で着手金を無料にしている法律事務所は増えていますので、契約前に確認をしておくと良いでしょう。

交通事故の報酬金は50万円または70万円が回答全体の約半数にすぎません。
それは報酬金が「増額分の●%」としていることも多く、その割合部分が違うからです。
また、増額分ではなく獲得金額に対する割合を設定している場合もあるかもしれません。

弁護士費用のポイント

まず契約前に双方の認識をそろえる

例えば、「成功報酬の成功とは何か?」「この金額でやってもらえる範囲は?」など、できるだけ明確にしておきましょう。

着手金は一度契約すると基本的には戻ってきません

途中で弁護士を変えても、もともとの依頼先から着手金が返金されることはほぼありません。契約は慎重に行いましょう。

弁護士費用の相場は事故の内容、弁護士事務所によって変わります

相談料については一定の条件下で無料の法律事務所が多いので、無料相談を利用して費用目安を確かめておきましょう。

2

弁護士費用は相手方(加害者側)に請求できる?

おさえるべき3つのポイント

イメージ画像

弁護士費用を相手方に請求することは可能ですが、請求には一定の条件があります。

条件

(1)加害者側からの不法行為による事件であること
(2)裁判で勝訴をしていること
(3)裁判で得られる損害賠償総額の10%程度までが目安

交通事故の被害者の方であれば(1)は当てはまります。
(2)については、示談やADRで解決している場合は対象外となります。
そして(3)のとおり、加害者側が弁護士費用の全額を出すわけではありません。

3

弁護士費用を安く抑える方法、それは…

「弁護士費用特約」を活用

弁護士費用特約のメリット

弁護士費用を安く抑えるには「弁護士費用特約」の活用がおすすめです。
被害者自身の保険に弁護士費用特約が付いていれば使えます。
また、下記に示す範囲であれば加入者以外でも使えます。
つまり家族が加入していれば被害者自身が加入していなくても使えます。

弁護士費用特約が使える範囲
① :保険契約を締結している本人
② :①の配偶者(内縁関係も含む)
③ :①または②の同居の親族
④ :①または②の別居の未婚の子
⑤ :①~④以外で、保険契約をしている自動車に搭乗中の人

弁護士費用特約ごとに負担額の上限はありますが、

相談料

着手金

報酬金

弁護士費用特約でまかなうことで、被害者の実質負担がゼロになる可能性があります。

ご自身の加入保険に特約がないかを確認してみましょう。

「弁護士費用特約」の詳細については下記記事で詳しく解説しています。

4

交通事故の弁護士費用でお悩みの方へ

<24時間・365日無料>TEL相談の予約窓口/弁護士とLINEトーク

アトム法律事務所の無料相談の予約受付の窓口は24時間365日ご利用いただけます。

電話相談の特徴

専門のオペレーターが対応しております。
お話をお伺いして、ご来所いただくのかよいかなど、ご相談に応じたご案内をいたします。

LINE相談の特徴

弁護士が直接トークの相手です。
好きなタイミングで相談を始められると好評いただいている人気のサービスです。
弁護士の人数は限られています。一人ずつとLINEトークしていますので、お返事には少しお時間をいただくかもしれません。
出来るだけお早めに話しかけてください。

弁護士費用については、「弁護士費用特約」の有無で変わる可能性があります。お電話・LINEでご相談をいただく前にあらかじめ確認いただくと、よりスムーズなご案内が可能です。

5

代表弁護士 岡野より被害者、ご家族の方へ

現在、弁護士費用の設定は各弁護士事務所に委ねられています。また、案件によっても変わりますので、一概に「●●円で出来ます」という確約はできません。しかし、ご相談内容をお伺いして「だいたいこれくらいになりますよ」という提示は可能な場合があります。その内容を聞いていただき、契約するかを決めて頂けたらと思います。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。