作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

外傷性てんかん後遺障害

外傷性てんかんの後遺障害|症状・治療法~慰謝料の請求方法まで解説

外傷性てんかんの後遺障害…

交通事故が原因で外傷性てんかんの後遺症に悩まされるようになった…
このような損害を被ったら、後遺障害認定によって適正な損害賠償を受け取れるように対応していく必要があります。

本記事の概要

交通事故で負った頭部外傷によって外傷性てんかんの後遺症が残る可能性がある

外傷性てんかんの後遺障害等級は発作の頻度と程度で決まる

適正な損害賠償を得るには弁護士に相談する必要がある

交通事故の影響で外傷性てんかんの後遺症が残ったら、
「十分な慰謝料を受け取ることはできるのか」
「外傷性てんかんは後遺障害に認定されるのか」
など、多くの不安があることと思います。交通事故の損害賠償問題に注力する弁護士が、不安を解消すべく詳しく解説していきます。


1

交通事故で外傷性てんかんを負った

外傷性てんかんの症状

外傷性てんかんは、頭部に怪我を負ったあとに発症するてんかん症状のことをいいます。てんかんとは、大脳の過剰な興奮が原因で2回以上けいれん発作を起こす慢性の脳疾患をいいます。

てんかんの具体的な症状はつぎのとおりです。

てんかんの主な症状

口がもごもご動く

おかしな匂い・音を感じる

目の前がチカチカする

意味のない言葉を突然話す

目が一方に片寄る

意識喪失

全身がこわばる

手足・顔面の筋肉がピクピク動く

手足をガクガクさせる

脱力する

などがみられ、これらの症状は組み合わさって生じることもあります。

外傷性てんかんは外傷を受けてからてんかん発作が生じた時期によって、3つに分類されることが多くなっています。

外傷性てんかんの分類
外傷~発作までの期間 分類
24時間以内 超早期てんかん
7日以内 早発てんかん
8日以降 晩発てんかん

このように分類されることになりますが、晩発てんかんを外傷性てんかんであるとするのが一般的です。

原因は交通事故による脳出血・脳挫傷?

交通事故における外傷性てんかんの原因は頭部外傷によるものです。頭部外傷と一口に言っても、さまざまな種類の頭部外傷があげられます。

など、外傷性てんかんはこのような頭部外傷によって引き起こされることがあります。

2

外傷性てんかんの治療法|薬だけで治る?

一般的な治療法は投薬|完治するのか

てんかんの最も一般的におこなわれている治療法は、抗てんかん薬などによる薬物治療です。現在の医学において、てんかんはどんな人でも必ず完治すると言い切ることはできませんが、適切な治療によって発作の抑制(コントロール)が可能な病といわれています。早い段階から適切な治療がおこなわれれば、70~80%の人では発作をコントロールできるようになるようです。

薬によって長期間てんかん発作が起きないようになって完治したと過信して、自己判断で薬を減らしたり中止したりするのは非常に危険です。必ず医師と相談のうえ、適切な治療をうけるようにしましょう。

てんかんの症状の内容によっては、てんかんが発生する脳の部位を切り取る手術がおこなわれることもあるようです。

日常生活での注意点|運転・高所・水場

適切な外傷性てんかんの治療をうけていれば、日常生活で特別な制限を受けることはないようです。もっとも、薬などの治療によって発作がきちんとコントロールされるようになるまでは、いつ発作が起こるか分かりません。

注意すべき点

車の運転

高所での作業

水泳や入浴

など、このような場面で発作が起きると非常に危険です。人の目が届くような環境であることが望ましいです。安全に過ごせるように医師との相談のうえ、日常生活の過ごし方には十分な配慮が必要です。

3

外傷性てんかんの後遺障害等級と慰謝料

外傷性てんかんの後遺症が残ったら後遺障害申請

外傷性てんかんの後遺症が残ったら、適正な損害賠償が得られるように後遺障害の申請をおこないましょう。

後遺障害とは?

交通事故で負った怪我によって後遺症が残り、労働能力が低下または喪失すること

後遺障害が残ると、

今まで通りに働けなくなり収入が減る

後遺症の痛みなどで精神的苦痛を被る

など、さまざまな損害を受けます。

このような損害の金銭的な補償を受けるためには、事故の相手方に損害賠償請求する必要があります。損害賠償を算定するうえで、

後遺障害認定に認定されているかどうか

後遺障害等級は何級か

このような情報が重要になってきます。適正な慰謝料獲得のためには、適正な後遺障害の認定が重要です。

後遺障害等級認定の手続きの流れ

症状固定の診断が出ると、担当医師に後遺障害診断書の作成を依頼します。後遺障害申請には、こちらの診断書が必要不可欠です。

診断書やその他必要な書類を集めて、専門の認定機関に書類を提出することで後遺障害の申請をおこなう流れになっています。

外傷性てんかんで見込まれる後遺障害等級

交通事故の頭部外傷を原因とするてんかん発作がつづく場合、

てんかん発作の頻度

てんかん発作の程度

に応じた後遺障害等級が認定される可能性があります。

外傷性てんかん

認定される可能性のある後遺障害等級

等級 発作の頻度 発作の程度
5 1ヶ月に1回以上 転倒する発作等
7 数ヶ月に1回以上 転倒する発作等
1ヶ月に1回以上 転倒する発作等以外の発作
9 数ヶ月に1回以上 転倒する発作等以外の発作
発作の継続なし 服薬継続により発作がほぼ完全に抑制されている
12 発作なし 脳波上に明らかにてんかん性棘波をみとめる

外傷性てんかんの後遺障害ではこのような等級が認定されることが考えられます。

外傷性てんかんの後遺障害慰謝料

後遺障害等級は症状が重いほうから1~14級まで区分されており、等級に応じた後遺障害慰謝料の基準が設定されています。

ここでもう一点ポイントとなるのが、後遺障害慰謝料の算定に使われる基準は自賠責基準任意保険基準弁護士基準の3つの基準が存在しているということです。さらにこれらは一律の金額ではないので、用いる基準によって得られる慰謝料の金額に幅ができるということもおさえておきたいポイントです。

慰謝料金額相場の3基準

もっとも高い慰謝料を受け取ることができるのは、弁護士基準で算定された場合です。このようなポイントを踏まえたうえで、外傷性てんかんで得られる可能性のある慰謝料を確認してみたいと思います。こちらをご覧ください。

等級ごとの後遺障害慰謝料
自賠責基準 弁護士基準
5 599万円 1400万円
7 409万円 1000万円
9 245万円 690万円
12 93万円 290万円

いかがでしょうか。自賠責基準と弁護士基準の慰謝料を見比べるとその差は一目瞭然です。弁護士基準による算定がいかに重要かお分かりいただけたと思います。

4

後遺障害に関する悩みは弁護士に相談

弁護士相談で得られるメリット

後遺障害慰謝料が弁護士基準で算定される重要性はすでにお話ししましたが、これを実現するには弁護士による示談交渉が欠かせません。保険会社は交通事故の知識が豊富です。交通事故の知識なくして対等に示談交渉をおこない慰謝料増額につなげることは非常に困難です。

増額交渉(弁護士なし)

一方、交通事故を専門的にあつかう弁護士に示談交渉をお任せいただければ、保険会社と対等な立場で交渉をすすめることができます。弁護士による示談交渉では、弁護士基準による慰謝料算定が実現する可能性が格段に高まります。

増額交渉(弁護士あり)

慰謝料増額をご希望の方は、まず弁護士に相談することをおすすめします。

また、弁護士に交通事故の後遺障害に関するお悩みをご相談いただければ、損害賠償の増額に関してだけではなくさまざまなメリットがあります。

交通事故を弁護士に相談する理由

慰謝料など損害賠償が増額する可能性がアップする

示談交渉をはじめとした保険会社とのやり取りすべてを任せられる

面倒な書類の手続きなどもすべてお任せ

希望する後遺障害等級が認定される可能性がアップする

治療に専念できる

「何をしたらいいのか右も左も分からない」
「保険会社とのやり取りに疲れた…」
このようなお悩みをお持ちの方は、今すぐ弁護士に相談することをおすすめします。

ご案内|アトムの無料相談

アトム法律事務所では、交通事故(人身事故)の被害者の方を対象に、弁護士による無料相談を実施しています。

アトム法律事務所には、交通事故案件に注力してきた弁護士が多数在籍しています。経験・実績ともに豊富な頼れる弁護士ばかりです。相談の受付は24時間・365日おこなっております。下記窓口よりお問い合わせください。

電話・LINE・メールからお気軽にどうぞ。お問い合わせお待ちしております。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。