作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

高次脳機能障害弁護士(2/2)

高次脳機能障害|弁護士無料相談|交通事故にくわしいアトム法律事務所まで(東京・大阪・名古屋など全国9ヶ所)

高次脳機能障害の弁護士相談

高次脳機能障害アトム法律事務所の弁護士にご相談ください。

高次脳機能障害の弁護士解説
  • 弁護士に依頼するメリットは?
  • 高次脳機能障害の等級は?
  • 高次脳機能障害の慰謝料は?

このような「高次脳機能障害」にまつわる疑問について、アトム法律事務所の弁護士が解説していきます。

アトム法律事務所とは

アトム法律事務所は、東京・大阪・名古屋・福岡など主要都市を中心に展開する弁護士事務所です。
交通事故・刑事事件に特化して弁護活動に取り組んでいます。

相談料・着手金は0円、さらに弁護士費用特約を利用すれば費用倒れの心配なく交通事故を解決できます。
事件解決の進捗状況をご依頼者様と共有するなど、安心と充実のアフターフォローを是非ご期待ください。

「交通事故の無料相談」のご予約は24時間365日受付けています。LINEで弁護士に無料相談することもできます。



1

Q1|高次脳機能障害の症状は?後遺障害等級は何級になる?

事故で頭を打ってから

高次脳機能障害の主な症状は、次のとおりです。

症状

認知障害

記憶力低下、注意・集中力障害、遂行機能障害

行動障害

周囲に合わせられない、危険の回避ができない

人格変化

交通事故の前後で性格が変わる(発動性低下、抑制低下、自発性低下、気力がない、衝動性、易怒性、自己中心的になる)

高次脳機能障害について後遺障害等級認定を申請した場合、上記の症状の程度に応じて…

1級、2級、3級、5級、7級、9級、12級、14級

という等級が認定される可能性があります。

後遺障害等級

1級1号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの(例)食事・入浴・用便・更衣等に常時介護を要する。

(例)高度の認知症や情意の荒廃があるため、常時監視を要する。

2級1号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

(例)食事・入浴・用便・更衣等に随時介護を要する。

(例)認知症、情意の障害、幻覚、妄想、頻回の発作性意識障害のため、随時他人による監視を要する。

(例)一人で外出が困難で、随時他人の介護を要する。

3級3号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

(例)記憶・注意力、学習能力、障害の自己認識、対人関係維持に著しい障害がある。

5級2号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの

(例)単純くり返し作業ならば、一般就労も可能。環境が変わると作業が継続できない。

7級4号

神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

(例)作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどから一般人と同等の作業ができない。

9級10号

神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

(例)問題解決能力に障害があり、作業効率や作業維持力などに問題がある。

12級12号

局部にがん固な神経症状を残すもの

(例)疼痛・しびれについて、画像所見により医学的に証明できるもの

14級9号

局部に神経症状を残すもの

(例)疼痛・しびれについて、受傷当時の状況、通院頻度などから、症状を合理的に説明できるもの

2

Q2|高次脳機能障害を弁護士に依頼するメリットは慰謝料増額?

後遺障害慰謝料は、後遺障害等級によって相場が異なります。
高次脳機能障害の後遺障害等級については、次のとおりです。

高次脳機能障害|等級ごとの後遺障害慰謝料
等級 弁護士基準 自賠責保険
支払基準
11 2,800 1,600
(-1200
21 2,370 1,163
(-1,203
33 1,990 829
(-1,161
52 1,400 599
(-801
74 1,000 409
(-591
910 690 245
(-445
1212 290 93
(-197
149 110 32
(-78

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットは、弁護士基準による示談交渉ができることです。

過去の裁判例の相場である弁護士基準と、自賠責保険の支払基準である自賠責基準の相場を比較してみると、その差は歴然です。
任意保険会社の支払基準も、自賠責基準と同程度といわれています。
保険会社から提示された示談金額が低いと感じたら、弁護士に無料相談でお尋ねください。


3

Q3|高次脳機能障害で弁護士ができること

高次脳機能障害の後遺障害認定では
画像所見(交通事故による脳損傷を裏づける画像所見があること)
意識障害(一定期間の意識障害が継続したこと)
異常な症状(一定の精神症状、身体機能の異常があること)
がポイントになってきます。
弁護士は、これらのポイントを立証していきます。

立証①画像所見があること

高次脳機能障害の原因が、局在性のものではなく、びまん性脳損傷(びまん性軸索損傷)だった場合、画像所見を得るのが難しいことがあります。びまん性脳損傷(びまん性軸索損傷)の場合、出血痕・脳挫傷痕などが明らかでなく正常に見えることがあります。そのような場合、脳内(皮質下白質・脳梁・基底核部・脳幹など)に点状出血をしていることもあるので、MRI画像が役立つケースもあります。

具体的には、MRIやCT検査により脳室の拡大や脳溝拡大などの脳全体の萎縮外傷後3か月程度での固定が確認されれば、びまん性軸索損傷を合理的に説明できる可能性が高いです。

立証②意識障害があること

意識障害については、JCS、GCSといった診断基準が用いられています。

受傷直後に、半昏睡~昏睡で開眼・応答しない状態(JCSが3~2桁、GCSが12点以下)が6時間以上継続すると、障害発生のおそれがあるとされています。
また、健忘症あるいは軽度意識障害(JCS1桁、GCS13~14点)が少なくとも1週間以上続くと障害発生の可能性が出てくるといわれています。

検査結果は、医師の回答書に記載してもらうことになります。意識障害の有無・推移についてJCS・GCSの数値を記載、外傷後健忘の有無、長さなど詳細な記載が求められます。

立証③異常な症状があること

高次脳機能障害の典型的な症状として、認知障害、行動障害、人格障害などがありました。
加えて、身体機能の異常(起立障害・歩行障害・痙性片麻痺)が生じることもあります。

これらを立証するためには、

医師が作成する「精神症状等に関する意見書」

家族・近親者などが作成する「日常生活状況報告」(小学生以上の子供・成人など)

担任の教師が作成する「学校生活の状況報告」(学童・学生など)

などの書面を準備します。

これらの書面は、

受傷前後の行動・人格の違いを立証していくための書面

です。

このほか、「異常な症状」と「交通事故による脳損傷」の因果関係が問題とされることもあります。
交通事故から数か月以上経過して、あらわれた症状はについては、交通事故との因果関係が否定されてしまうこともあるので、留意しておきたいところです。
因果関係を立証するためにも、早期の検査・治療が必須になります。

4

Q3|高次脳機能障害を弁護士費用特約で解決できますか?

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは・・・

被害者側が加入する自動車保険の特約であって

保険会社が弁護士費用の全部または一部を負担する

というものです。

弁護士費用特約

交通事故の相手方が、車やバイクであれば利用できることが多い傾向にあります。

また、ご自身の自動車保険のみならず、ご家族の自動車保険の特約であっても利用できる可能性があります。弁護士特約がついているのか、一度ご確認ください。

よく分からない場合は、無料相談の電話受付の際、その旨おっしゃってくださいね。

弁護士費用特約まとめ

被害者側が加入する自動車保険の特約

保険会社が弁護士費用の全部または一部を負担する

事故相手が、車やバイクであれば利用できることが多い

ご不安な点については、まずは無料相談をご活用ください。
慰謝料の相場、手続きの流れについても、お気軽にご相談ください。

弁護士費用特約のデメリットはない?保険の等級、保険料の値上がりが心配な方へ。

弁護士費用特約の利用と、等級のダウン、保険料の値上がりは無関係です。
保険の等級がさがったり、保険料が上がるなどのデメリットはありません。

交通事故を起こしたこと自体を理由に等級が下がることはあります。ですが、弁護士費用特約の利用は、あくまで自動車保険の特約を利用するかどうかの話なので、利用しないほうが損をしてしまうといえるでしょう。

保険の等級が下がる理由

〇交通事故をおこしたこと
✖自動車保険の特約の利用

5

交通事故による高次脳機能障害のお悩みは…アトム法律事務所の弁護士まで

Q1|アトム法律事務所の弁護士無料相談の予約方法は?

高次脳機能障害の解決は、アトム法律事務所にお任せください。交通事故に詳しい弁護士が対応させていただきます。

「交通事故に強い弁護士は?」

「高次脳機能障害の解決実績はある?」

このようなお悩みで法律事務所をお探しの方へ。

アトム法律事務所では、交通事故弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

24時間365

深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

LINE相談完全無料です。

「事務所まで来所する時間的余裕はない」

「アトム法律事務所の弁護士の雰囲気が知りたい」

Q2|アトム法律事務所は東京・大阪・福岡…全部で9カ所!お近くの支部で対応できます。

アトム法律事務所は、全国主要都市に支部があります。
全国規模で交通事故の解決に対応可能です。

アトム法律事務所の所在地

東京(新宿・北千住)

埼玉(大宮)

千葉(千葉・市川)

神奈川(横浜)

愛知(名古屋)

大阪

福岡

どなたでも、お気軽にご相談いただけます。
早期のご相談が、お悩み解決の秘訣です。
お電話・メール・LINEにて、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のメリットについて、もっと詳しく知りたい方はこちらのページもご覧ください。


弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。


脳の記事をもっと見る