2人の弁護士がこの記事に回答しています

自治体窓口(交通事故被害者向け)とは|アトム法律事務所弁護士法人

イメージ画像

都道府県や各自治体の相談窓口でも、交通事故の被害に遭われた方の相談を受け付けている場合があります。

弁護士を含む専門の相談員が受け付けており、交通事故の示談や保険の手続きなどの一般的な相談に乗ってもらえるようです。

1

自治体窓口で交通事故の相談をする方法は?

Q1

いつ、誰が使える?

どのタイミングでないと利用できない、ということは無いようです。
事故への対応、示談に関することなどの一般的な相談が対象のようなので、早めの段階で相談し今後の指針を確認するという利用法が適しているかもしれません。

基本的には、その自治体の地域内に居住している方が相談できるようです。
自治体によっては、その地域に通勤・通学している方でも相談可能な場合もあるようです。

Q2

場所、連絡先は?

場所は基本的に各自治体施設の地域課や広報課の窓口で対応しているようです。

連絡先は各自治体ごとに異なりますので、まずは自治体の代表番号に電話してお尋ねいただくといいでしょう。

Q3

適正な慰謝料を受け取るための方法は?

自治体の窓口は、地域住民であれば誰でも相談に乗ってもらえる安心感があります。
ただし、あくまで法律相談にとどまるので、保険会社との示談交渉・和解あっ旋などには対応していません
最終的な解決には、別の手段が必要になります。

示談あっ旋を依頼するなら、交通事故紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターなどのADR機関が対応しています。
示談交渉であれば、交通事故に強い弁護士に依頼するのがベストです。

アトム法律事務所では、交通事故で怪我を負われた方のために電話・LINE・メールでの無料法律相談サービスをご提供しています。
交通事故の被害に遭われた方が弁護士に相談するメリットについては、こちらの記事で解説していますので、合わせてご覧ください。
被害者が弁護士に相談するメリットは?

まずは、ご自分が本来受け取れる見込みの慰謝料金額を質問するだけでも、アトムの無料相談をご利用ください。

無料相談のご案内

交通事故・後遺障害の示談金・慰謝料でお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料電話相談はこちら 0120-465-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

交通事故・後遺障害の示談金・慰謝料でお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料電話相談はこちら 0120-465-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら