作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

高次脳機能障害弁護士

高次脳機能障害で弁護士に依頼したい…後悔しない弁護士の選び方は?

高次脳機能障害に強い弁護士は?

高次脳機能障害の後遺症を交通事故でかかえてしまった…。弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのか。また、依頼を考えている方は「どの弁護士に相談したらいいのか?」など、多くの疑問をおもちでしょう。

  • 弁護士に依頼するメリットは?
  • 弁護士選びで後悔したくない…
  • 高次脳機能障害に強い法律事務所は近くにある?

この記事では3つのテーマにしぼって解説していきます。記事の最後には、自動で簡単に使える「高次脳機能障害の後遺障害等級判定機」を紹介しています。順を追ってみていきますので、最後までお読みください。


1

弁護士に依頼したら高次脳機能障害の解決はこう変わる

弁護士依頼のメリット①弁護士基準の慰謝料計算で増額が見込める

メリット①

弁護士に依頼して、適正な慰謝料を受けとりましょう。

慰謝料の計算方法は3つあります。

慰謝料計算の3基準

① 自賠責保険の基準

② 任意保険の基準

③ 弁護士基準

慰謝料金額相場の3基準比較

慰謝料相場は、弁護士基準が最も高くなります。まずは自賠責保険について確認します。

自賠責保険

車の運転者には加入義務がある

被害者に最低限の補償を行う

補償額に上限がある

「任意保険」との関連はイラストのとおりです。

任意の自動車保険と自賠責保険の関係

自賠責保険だけでは補償しきれない分をカバーするのが任意保険です。任意保険の算出基準は一般公開されていませんが、自賠責保険の基準と大きくは変わりません

任意保険

車の運転者は任意で加入する

自賠責保険基準の補償で足りない分を補う目的がある

補償内容は各保険会社により異なる

高次脳機能障害で認定される「後遺障害等級」は1級~14級までと幅広く、賠償金の金額の幅も広がります。実際に、高次脳機能障害の場合の後遺障害慰謝料を見てみましょう。

後遺障害慰謝料の比較(高次脳機能障害関連)
等級 自賠責保険の
基準
弁護士基準
1 1,600 2,800
2 1,163 2,370
3 829 1,990
5 599 1,400
7 409 1,000
9 245 690
12 93 290
14 32 110

単位:万円

実際の裁判では、「後遺障害慰謝料」のほかに、近親者への「入院中の付添い費」が以下のような事由で認められることもあります。

付添い費の認定理由

入院中にも家族からの声掛けが必要であった

被害者が重篤な状態であった

高次脳機能障害の影響で「人格変化」が起こり、家族の対応が必要となった

弁護士は、ご家族のご事情もきちんと主張し、個別の事情にそった適正な補償を目指します。

しかし、高次脳機能障害に関する依頼はどんな弁護士でも良いわけではありません。被害者の方に出る影響は千差万別です。症状をよく知り、受けた被害・損害を適切に主張できる弁護士に依頼しましょう。

高次脳機能障害の慰謝料については、症状の特徴などを踏まえて、次の記事でも解説しています。参考にしてください。

弁護士依頼のメリット②後遺障害等級認定のサポート

メリット②

弁護士に依頼して、きちんと後遺障害等級認定を受けましょう。

損傷が画像検査で確認できることが、後遺障害の認定を受けるポイントです。

後遺障害等級の申請は書面審査が基本です。

提示すべき資料

主張すべき被害者の状況

懸命な治療の経過

書面審査を通して主張すべきことを弁護士は知っています。

判例や経験を元に、適切な等級認定が受けられるように行動します。

弁護士依頼のメリット③被害者や近親者の負担を軽減

メリット③

被害者を支える近親者の負担を軽減

先ほど解説した「後遺障害等級認定」には申請が必要です。

申請には、

事前認定

被害者請求

の2つがあります。違いをみてみます。

事前認定
事前認定の流れ
被害者請求
被害者請求の流れ

2つの方法では、

かかる手間

認定の可能性

がちがいます。

事前認定と被害者請求のちがい
事前認定 被害者請求
被害者の手間 かからない かかる
認定の可能性 高める工夫は
できない
高める
工夫ができる
被害者の申請
書類提出先
加害者側の
任意保険会社
加害者側の
自賠責保険会社

特徴は下記にまとめたとおりです。

事前認定

後遺障害診断書を用意して提出するだけでOK

後遺障害診断書以外にどんな資料が提出されているかは把握できない

被害者請求

提出する資料はすべて被害者が用意

後遺障害診断書以外に主張したいことの裏付け資料を提出できる

高次脳機能障害の場合、

集中力の低下

感情のコントロールが難しい

自分の障害を正しく認知できない

忘れっぽくなる

などの影響がみられます。

「被害者請求」には近親者の支援が不可欠になるでしょう。弁護士に依頼すれば、資料の収集も弁護士が行えます。近親者の方は、被害者の方への付き添いや看護に集中できます。もちろん、被害者自身も治療に専念できます。

2

高次脳機能障害|弁護士選びで後悔したくない…おすすめの選び方3点

ここまでは弁護士依頼のメリットを見てきました。次に、弁護士事務所の選び方を解説します。

弁護士の選び方①交通事故の解決実績

解決実績は必ず確認しましょう。保険の知識やこれまでの判例、過失割合をふまえてより良い解決を目指します。

特に、後遺障害等級認定で必須の「後遺障害診断書」も、弁護士にチェックを依頼できます。認定事例を踏まえたアドバイスは、実績豊富な弁護士だからできることです。

後遺障害診断書の重要性は次の記事でより詳しく解説していますので、参考にしてください。

弁護士の選び方②医学的知識の豊富さ

法律の知識だけではなく、医学の知識が必要です。例えば、高次脳機能障害の場合は、忘れっぽくなったり、自分の障害を認識できないなどの症状は珍しくありません。

高次脳機能障害の症状を知らなければ、被害者の話をそのまま受け入れて終わってしまうかもしれません。症状への理解が深いほど、被害者やそのご家族の苦しみや葛藤に寄り添うことにもつながります。

医学の知識があるかどうかは、実際は問い合わせにくいかと思います。ですので、高次脳機能障害の解決実績を確認するようにしましょう。

弁護士の選び方③無料相談で確かめる

必要に応じて、事故のつらい経験や、時にはプライベートなことをお伺いするかもしれません。「この人になら話せる」と思える弁護士に依頼してください。

多くの弁護士事務所が「相談料無料」に設定しています。活用して、複数の弁護士と直接話をしてください。

アトム法律事務所の場合

LINE・電話・メール相談:完全無料

対面相談(来所相談):30分まで無料

⇒「弁護士費用特約」があれば、被害者の負担は0円です。気になる方は、アトム法律事務所の費用紹介ページをご覧ください。

「弁護士費用特約」については、ご存じない方も多いようです。次に概略を説明しますので、このまま読み進めてください。

3

弁護士費用特約|弁護士費用が無料になる?

弁護士費用特約を使うと、相談料・着手金・弁護士報酬などの被害者負担が実質0円になります。被害者が加入している任意保険に特約としてついている可能性がありますので、ぜひ確認して活用してください。

弁護士費用特約

ただし、特約内容によって、上限金額などには制限があります。使用時には十分内容を確認してください。

4

大阪・名古屋・東京に弁護士事務所アリ|高次脳機能障害の弁護士相談

LINE・電話OK|<24時間・365日>無料相談の窓口

アトム法律事務所は「高次脳機能障害」で多数の解決実績があり、専門のページを設けています。いくつかの質問に答えるだけで賠償金の目安がわかる高次脳機能障害の後遺障害等級判定機もありますので、ぜひご活用ください。

無料相談の受付窓口は24時間365日ご利用いただけます。電話・LINE・メールなど、使いやすい方法でお問い合わせください。混み合う時間帯や土日祝は順番をお待ちいただくこともありますので、早めにご連絡ください。

<大阪・名古屋・東京>高次脳機能障害の相談は、アトム法律事務所

代表として、大阪・名古屋・東京の法律事務所概要を抜粋します。どの事務所も駅から近く、複数路線が使える好立地にありますので、来所時も便利です。

全国のアトム法律事務所の各事務所概要はアトム法律事務所の事務所概要ページから確認してください。

アトム法律事務所大阪支部

住所:〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル2階

アクセス:梅田駅

地下鉄谷町線、JR線、市営地下鉄御堂筋線、阪急線、阪神線

アトム法律事務所名古屋支部

住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階

アクセス:名古屋駅

JR、名鉄、近鉄

アトム法律事務所新宿支部

住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階

アクセス:新宿駅

JR線、小田急線、京王線、東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線、大江戸線(京王新線)

アトム法律事務所北千住支部

住所:〒120-0034 東京都足立区千住2-54 須川ビル5階

アクセス:北千住駅

JR常磐線

つくばエクスプレス

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)

東京メトロ日比谷線

東京メトロ千代田線


5

まとめ

高次脳機能障害は、どの弁護士でも結果が同じとは限りません。弁護士依頼の際は、「取り扱い・解決実績」を必ず確認してください。そして何より、依頼前には弁護士と直接話をする時間をつくってください。被害者やご家族の方が「この人なら、任せてもいいかな…」と思える弁護士にであうことが、解決に向けた大きな一歩になるでしょう。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業依頼、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。