6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故の損害額算定基準は「赤本」の慰謝料計算表から学ぼう|いつ請求?通院期間は?

イメージ画像

交通事故損害額算定基準はどこに記載されているのか?

それは赤本と呼ばれる書籍に記載されています。

赤本内に慰謝料を計算するが掲載されていて、弁護士はこの表を基準にして慰謝料を計算します。

このページでは、赤本に掲載されている慰謝料の表の内容を中心に紹介します。

加えて、

赤本内の慰謝料は何を基準にして決められているのか?

赤本青本違いは何なのか?

慰謝料がいつ請求できて、一般的に通院期間は何ヶ月になるのか?

などといったことも解説していくので、交通事故の損害額算定基準についてしっかりと学んでいきましょう。


1

交通事故の損害額算定基準は「赤本」を要チェック

赤本は通称であり、正式名称は以下の通りです。

赤本の正式名称

民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(日弁連交通事故センター東京支部発行)

また、青本と呼ばれる書籍もありますが、こちらの正式名称は以下の通りです。

青本の正式名称

交通事故損害額算定基準(日弁連交通事故相談センター本部発行)

詳細な違いに関しては後述します。

まずは、「赤本」に掲載されている慰謝料の表について見ていきましょう。

Q1

交通事故慰謝料は赤本の表から読み取れる?

交通事故損害額算定基準について

まず、赤本内に掲載されている慰謝料の表はどういったものになるのでしょうか。

慰謝料の表には「入通院慰謝料」や「後遺症慰謝料」があります。

入通院慰謝料とは

交通事故のケガで入院・通院をすることになった際、精神的苦痛を受けたものとして慰謝料を受け取ることができます。

その場合、

○ヶ月入院・通院すれば慰謝料をいくらもらえるのか

ということをまとめたものが入通院慰謝料の表となります。

なお、他覚所見がある場合・ない場合で使用する入通院慰謝料の表が異なる点にご注意ください。

補足として、「他覚所見」とは、画像検査等で外部から確認できるケガの症状のことです。

むちうちなどの場合、他覚所見なしと判断されるケースが多いです。

続いて、「後遺症慰謝料」とは何なのでしょうか。

後遺症慰謝料とは

交通事故が原因で、

② 将来においても回復が困難と見込まれる、

③ 存在が医学的に証明・説明可能な、

④ 労働能力の喪失(低下)を伴う、

⑤ 自賠法施行令に従い等級の認定を受けたもの

以上①~⑤の要件を満たすものが後遺障害で、後遺障害が残った場合、「後遺症慰謝料」が支払われます。

「後遺症慰謝料」の表では後遺障害の等級に応じた慰謝料金額の基準がまとめられています。

たとえば、

むちうちで手のしびれが残った

という場合、局部に神経症状を残すものとして、14級9号の後遺障害等級が認定される可能性があります。

では、実際に「入通院慰謝料」と「後遺症慰謝料」のを見ていきましょう。

入通院慰謝料(他覚所見あり)
入院
通院 0ヶ月 1ヶ月 3ヶ月
0ヶ月 0 53 145
1ヶ月 28 77 162
2ヶ月 52 98 177
3ヶ月 73 115 188
4ヶ月 90 130 196
5ヶ月 105 141 204
6ヶ月 116 149 211
7ヶ月 124 157 217
8ヶ月 132 164 222
9ヶ月 139 170 226
10ヶ月 145 175 230
11ヶ月 150 179 234
12ヶ月 154 183 236

※慰謝料の単位は万円

入通院慰謝料(他覚所見なし)
入院
通院 0ヶ月 1ヶ月 3ヶ月
0ヶ月 0 35 66
1ヶ月 19 52 83
2ヶ月 36 69 97
3ヶ月 53 83 109
4ヶ月 67 95 119
5ヶ月 79 105 127
6ヶ月 89 113 133
7ヶ月 97 119 139
8ヶ月 103 125 143
9ヶ月 109 129 147
10ヶ月 113 133 149
11ヶ月 117 135 150
12ヶ月 119 136 151

※慰謝料の単位は万円

被害者本人の後遺症慰謝料
等級 慰謝料
1 2,800
2 2,370
3 1,990
4 1,670
5 1,400
6 1,180
7 1,000
8 830
9 690
10 550
11 420
12 290
13 180
14 110

※慰謝料の単位は万円

なお、上記は個別事情を考慮していない慰謝料金額です。

そのため、

○○という特別な事情があるので、慰謝料を増額してほしい

などの要望がある方は、弁護士などに相談するようにしましょう。

交通事故の専門家に相談すれば、何かしらアドバイスをもらえる可能性があります。

Q2

赤本は何を基準にしている?弁護士基準とは?

そもそも、赤本の慰謝料金額は何を基準にして決められているのでしょうか。

東京地裁の実務が基準となっています。

裁判例の傾向を考慮した上で、損害賠償金を計算するための基準が作成され、掲載されています。

弁護士の実務でも広く用いられていて、赤本に掲載されている基準は弁護士(裁判)基準とも呼ばれています。

実際の裁判例に基づいて作成されているので、内容の信ぴょう性は高いと言えるでしょう。

では、赤本に掲載されている慰謝料金額をそのまま請求すれば、加害者側の任意保険会社は素直に支払ってくれるのでしょうか。

被害者本人が弁護士基準で損害賠償請求しても、そのままの金額では通常支払ってもらえません。

ただ、

示談交渉を弁護士に依頼する

という方法を取れば、示談の段階で弁護士基準の慰謝料を受け取ることができる可能性が高まります。

どういった理由で、弁護士に依頼すると示談の段階で弁護士基準の慰謝料が支払われるのか。

一連の流れを確認してみましょう。

弁護士基準になる理由

① 弁護士が弁護士基準で慰謝料を請求したものの、示談が不成立になったので裁判を提起したとする

② しかし、裁判では過去の判例に基づいて作成された弁護士基準の金額の判決が出る可能性が高い

③ その場合、加害者側の任意保険会社からすると、裁判をする・しないに関わらず支払う慰謝料金額があまり変わらない

④ 結果、加害者側の任意保険会社は弁護士基準の慰謝料で示談に応じる

裁判をしても無駄に手間がかかってしまうだけなので、素直に示談に応じてくれる、ということですね。

示談交渉と慰謝料金額
被害者が交渉 弁護士が交渉
慰謝料金額 低額 高額
Q3

【計算機紹介】赤本の計算方法で慰謝料を計算するには?

交通事故損害額算定基準は「赤本」に掲載されている、ということはわかりました。

では、赤本に掲載されている弁護士基準で慰謝料をカンタンに計算する方法はあるのでしょうか。

以下の慰謝料計算機を使用すれば弁護士基準で計算できます。

治療終了までかかった日数や事故前の年収などを入力した後、「慰謝料を計算する」ボタンを押せば自動的に計算がされます。

ただ、

個別事情を考慮した正確な慰謝料金額を知りたい

という場合は、弁護士に相談することを推奨します。

こちらの計算機を使用すれば、

加害者側の任意保険会社から提示されている金額が低すぎないか

受け取ることができる適切な慰謝料金額の目安はいくら程度なのか

ということを事前にチェックし、今後の計画も立てやすくなるのではないでしょうか。

Q4

赤本と青本の違いとは?それぞれの購入先は?

赤本と青本の特に大きな違いは掲載されている慰謝料金額

赤本」の他に「青本」もある、ということを冒頭で触れました。

赤本と青本の違いは何なのでしょうか。

まず、発行元が異なります。

赤本と青本の発行元

赤本は公益財団法人日弁連交通事故センター「東京支部」から発行されています。

青本は同センターの「本部」から発行されています。

慰謝料の違い

掲載されている慰謝料にも違いがあります。

赤本

⇒慰謝料の基準が明記されていて、幅を持たせていない

青本

⇒慰謝料の基準に幅を持たせている

なぜ、青本では慰謝料金額に幅を持たせているのでしょうか。

主な理由として、以下が考えられます。

青本は「全国の裁判所」を想定しているので、物価など地域ごとの差に対応するため

症状や被害者の個別事情によって、その範囲内で金額を調整するため

ただ、特別な事情が無い限り、青本のほうが赤本よりも低い慰謝料金額になる可能性があります。

実際に、青本に掲載されている入通院慰謝料の表を見てみましょう。

青本の入通院慰謝料(抜粋)
月数 通院慰謝料 入院慰謝料
1629 3260
3157 63117
4684 92171
57105 115214
67123 135252
76139 153284
84153 168312

目安としては、

他覚所見のないむち打ち症や軽い打撲の場合は下限

通常の損害については上限の7~8割程度

とされています。

では、一例としてむちうちで3ヶ月通院したケースを赤本と青本で比較してみましょう。

むちうちの通院慰謝料比較
赤本 青本
3ヶ月 53 46

*慰謝料の単位は万円

赤本で53万円、青本で46万円なので、7万円の差があることがわかります。

赤本は東京支部から発行されている書籍ですが、東京以外の実務でも赤本の基準は広く使われているようです。

そのため、

東京に住んでいないから、高額な赤本の基準で慰謝料を請求できない

と諦めたりせず、赤本の基準で請求できるかどうか、まずは弁護士に相談するようにしましょう。

赤本と青本の購入先は?

では、赤本青本購入する場合、どちらで購入することができるのでしょうか。

ネット通販サイトなどから購入できるのでしょうか。

赤本や青本は日弁連交通事故相談センターから購入できます。

センター東京支部の窓口で赤本

センター本部の窓口で青本

を購入できますが、FAXで購入申込書を送れば配送してくれます。

また、一般の書店では赤本と青本を購入できない点にご注意ください。

ただ、赤本や青本は示談交渉において必須の書籍ではありません。

弁護士ではない一般の方が赤本の基準で慰謝料を請求しても、通常、相手はその条件に応じません。

しかし、上述したように弁護士に依頼すれば赤本の基準で慰謝料を支払ってもらえる可能性が高まります。

そのため、赤本や青本の内容は参考程度に留め、大事な示談交渉の部分は弁護士に任せてしまうことを推奨します。

2

交通事故の慰謝料はいつ請求できる?

交通事故に遭遇した後、慰謝料いつ請求できるのでしょうか。

通常、

死亡慰謝料は死亡したとき

後遺障害慰謝料は後遺障害等級認定の結果が出たとき

傷害慰謝料は入通院が終わったとき

上記①②③それぞれのタイミングで請求可能です。

基本的に、

損害額がいくらになるのか

を計算できるタイミングになってから請求する、ということですね。

なお、慰謝料を請求することができる期限(時効)などは以下のページで解説されているため、ぜひご参考にしてみてください。


3

交通事故の通院期間はどの程度になる?

前章で述べたように、慰謝料の請求は基本的に治療が終わった後に行います。

しかし、できれば早めに、おおよそでもいいので通院期間から慰謝料を算定しておきたいものですね。

交通事故でよくあるむちうち、骨折の入通院期間は大体どの程度になるのでしょうか。

個人差があるため一概には言えません。

ただ、参考までに、

むちうち症の場合は3~6ヶ月前後

骨折など重傷の場合は6ヶ月~1年前後

入通院期間になる場合があります。

具体的に通院期間の目安がわかるような統計はないのでしょうか。

一般社団法人JA共済総合研究所が公開している研究報告を見てみましょう。

交通事故で負ったむちうちの治療期間に関して、以下の統計データが記載されています。

むちうちの平均治療期間

データ元:各損害保険会社が受付けた事例

調査時期:1991年6月1日~8月2日

平均治療期間:入通院者全体で73.5日(中央値49日

骨折の平均治療期間に関しては、ニッセイ基礎研究所が公開している「年齢別の骨折部位と治療期間」から読み取れます。

内容を一部抜粋してみましょう。

骨折の平均治療期間

年齢:20-34歳(男女計)

平均治療期間:2.2ヶ月(全部位平均)

なお、骨折の場合、年齢や性別、部位によって治療期間が異なってくるため、上記はあくまで参考程度に留めるようご注意ください。

具体的な統計資料があるととても参考になりますね。

むちうちと骨折の平均治療期間をまとめた表が以下なので、ぜひご参考にしてみてください。

むちうちの平均治療期間
データ元 各損害保険会社が受付けた事例
調査時期 199161日~82
平均治療期間 入通院者全体で73.5
(中央値49

参考: https://www.jkri.or.jp/PDF/2017/sogo_75kagawa.pdf
『交通事故によるいわゆる”むち打ち損傷”の治療期間は長いのか―損害賠償を含む心理社会的側面からの文献考証―』一般社団法人 JA共済総合研究所

骨折の平均治療期間
年齢 平均治療期間
(男女計・全部位平均)
0004 1.8ヶ月
0519 2.1ヶ月
2034 2.2ヶ月
3549 2.5ヶ月
5064 3.0ヶ月
65歳以上 4.9ヶ月

参考: https://www.nli-research.co.jp/files/topics/41080_ext_18_0.pdf
『年齢別の骨折部位と治療期間 』ニッセイ基礎研究所

4

損害額算定基準などについて弁護士に相談するには?

Q1

【LINE対応】スマホから交通事故の相談ができる?

交通事故損害額算定基準に関することなどでお困りの交通事故被害者の方はこちらの窓口をご利用ください。

LINEFacebook電話無料相談可能

24時間365日受付

スマートフォンから弁護士とのLINE相談、対面相談予約などが可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

受け付けた後に順次、弁護士が対応します。

最後に一言アドバイス

いかがでしたでしょうか。

最後に岡野代表弁護士からひと言アドバイスをお願いします。

交通事故損害額算定基準赤本青本に掲載されていることがおわかりになったでしょうか。

弁護士に相談すれば、赤本の基準で慰謝料を請求することが可能です。

その場合、高額な慰謝料が支払われる可能性があります。

アトム法律事務所には交通事故案件の経験豊富な弁護士が在籍しているので、ぜひご相談ください。

対面相談が難しい場合は、スマートフォンのLINE無料相談からお気軽にご連絡ください。

5

まとめ

このページを最後までご覧になってくださった方は、

まとめ

交通事故損害額算定基準赤本青本に掲載されていること

慰謝料を請求できるタイミングは基本的に治療が終わった後であること

むちうちや骨折の平均的な治療期間がどの程度なのか

ということなどについて、理解が深まったのではないでしょうか。

交通事故の慰謝料に関することなどを弁護士に相談したい方は、スマホで無料相談よりご相談ください。

また、関連記事もご用意しましたので、交通事故に関する他記事もぜひご覧になってみてください。

このページが、交通事故損害額算定基準についてお悩みの方のお役に立てれば何よりです。