作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故弁護士変更

交通事故で弁護士を変更することは可能?変えるとどうなる?弁護士費用や引継ぎは?

交通事故で弁護士の変更は可能?

交通事故を依頼した弁護士変更したい
交通事故の被害者となり、弁護士に依頼したが依頼した弁護士と合わなかった…
そんな事態が起こるかもしれません。

  • 交通事故で弁護士を変更することは可能?
  • 変更するとどんなメリットがある?
  • 支払った弁護士費用はどうなる?

など、弁護士の変更について様々な疑問があると思います。
今回は、「交通事故で弁護士を変更することは可能?」という疑問を中心に解説していきます。


1

交通事故で弁護士は変更できる?変更すると…

交通事故を依頼した弁護士を変更することはできる?

交通事故を依頼した弁護士変更することは可能です。
弁護士から心無い対応をされたり、いい加減な対応をされると不信感を抱いてしまいます。
また、示談交渉のやり方などが合わず、弁護士を変更したいと考えることがあると思います。
すでに弁護士に示談交渉などについて依頼していたとしても途中で弁護士を変更することは可能です。

弁護士の弁護活動が被害者の方が受け取れる賠償金に大きく関わります。
依頼した弁護士に不信感を抱いた場合は、弁護士の変更を視野に入れるのも一つの手です。

交通事故で弁護士を変更するとどうなる?

増額交渉(弁護士あり)

交通事故で重大な怪我を負った被害者にとって、弁護士の対応で得られる賠償金が大きく異なることがあります。
弁護士による弁護活動がその後の人生を左右するといっても過言ではありません。

重大な怪我を負った場合、適切な保険金を受け取るには弁護士への依頼が非常に重要です。
さらに、後遺障害が残るような怪我の場合は後遺障害を申請する点でも弁護士の協力がポイントとなります。
初めに依頼した弁護士に不安を感じる場合は、セカンドオピニオンも検討しましょう。
重大な怪我を負い、適切な保険金を受け取るためになぜ弁護士が必要かは以下の記事をご覧ください。

2

交通事故で弁護士を変更|弁護士費用は?変更を回避するには?

交通事故で弁護士を変更すると払った弁護士費用はどうなる?

交通事故において、弁護士を変更した際、支払った弁護士費用がどうなるのか気になりますよね。
基本的に弁護士費用については着手金は返金されないものとして考えておきましょう。
もっとも、弁護活動の進行状況によっても変わるので一概には言えません。

着手金とは、弁護士に依頼したときに支払うものです。
着手金は、結果が成功であっても不成功であっても関係なく支払います。
着手金の金額は、民事事件や刑事事件などの事件の種類によって異なり、また、事務所によっても差があるので、ホームページなどで確認する必要があります。
弁護士費用などについては以下の記事を参考にご覧ください。

弁護士特約とは?

弁護士費用特約

弁護士特約とは、被害者自身が加入している任意保険に関係した特約のことです。
弁護士特約がついていると、一般的には、交通事故の賠償問題を弁護士に依頼する際に、300万円を上限に弁護士費用を支払ってくれます。
つまり、弁護士特約が付いていれば費用のことを気にせず弁護士に依頼することができるという事です。

弁護士に依頼する前の段階でも、相談料がかかる場合があります。
相談料についても、10万円を上限に支払われる内容になっている特約が多いです。
続いて、弁護士特約の使い方をみていきましょう。
交通事故の被害者が弁護士特約を利用するまでは、以下のような流れになります。

弁護士特約の流れ

自分の任意保険会社に事故の報告をする

交通事故被害者が頼れる弁護士を探す

自分の任意保険会社に委任契約の通知をする

通常、以上の流れで弁護士特約を利用することができます。
もっとも、ご自身で選任した弁護士は、場合によって弁護士費用が弁護士特約から全額支払われないケースもあります。
弁護士と契約をする前に、任意保険会社に弁護士特約の内容をよく確認しましょう。
弁護士特約については以下の記事に詳しく記載されているのでご覧ください。

交通事故で弁護士の変更を回避する弁護士の選び方は?

できるならば、交通事故を依頼した弁護士にそのまま最後まで受け持ってほしいですよね。
交通事故で弁護士の変更を回避するポイントを見ていきましょう。

交通事故に強い弁護士を選ぶ

弁護士との信頼関係を築く

以上のことを意識して弁護士と付き合っていくと変更を検討することも減るかもしれません。
それぞれ簡単にみてみましょう。

交通事故に強い弁護士を選ぶ

交通事故を依頼する際には、交通事故に強い弁護士を選任することが大切です。
全国には、弁護士事務所が数多く存在してます。
しかし、すべての事務所が交通事故を取り扱っているわけではありません。
交通事故における弁護活動は、相手方は保険会社となり、医療の知識も多く必要となります。

全ての弁護士事務所が交通事故について取り扱っているわけではありません。
企業法務専門の事務所や刑事事件専門の事務所など、それぞれの得意分野があります。
交通事故を依頼する際は、「交通事故に注力している弁護士」を選任しましょう。
交通事故を専門にしている事務所とそうでない事務所とでは、圧倒的に経験値に差があり、最終的に獲得できる示談金の金額にも大きな差が出ます。

弁護士との信頼関係を築く

交通事故を弁護士に依頼し、解決していく上で大切なのは弁護士との信頼関係です。
示談交渉を弁護士に行ってもらう際は、被害者との意思疎通が重要です。
弁護士とコミュニケーションを取って、何を解決してもらうのか弁護士にしっかりと理解してもらいましょう。

3

【弁護士無料相談】交通事故で弁護士を変更したい…

交通事故を弁護士に無料相談できる窓口は?

初めに選任した弁護士に不信感を持った…
その際、別の弁護士への相談を検討すると思います。
しかし、依頼する前に弁護士に無料相談したいと考える方も多くいらっしゃると思います。
当事務所では、そんな方のために無料相談窓口をご用意しております。

LINE無料相談

電話無料相談

以上のご自身のご都合の良い方法で弁護士に相談することができる窓口をご用意しております。
相談には、交通事故に注力している弁護士が順次対応しております。
お一人で悩まずに、まずは弁護士に相談してみましょう。


弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。