作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故弁護士に相談するメリット

交通事故で弁護士に依頼するメリット・デメリット|タイミングや費用倒れも解説!

交通事故は弁護士に相談すべき?
  • 交通事故について弁護士に依頼するメリットは?
  • 弁護士に依頼するメリットよりデメリットが不安
  • 弁護士に依頼して費用倒れになることはある?

交通事故に遭ってその対応を弁護士に依頼する場合、費用や効果について疑問を感じるものです。
弁護士に依頼するメリットについて、デメリットもあわせて解説します。


1

交通事故で弁護士に依頼するメリット

①弁護士基準の慰謝料を主張できる

1つ目のメリットは、示談交渉で弁護士基準の慰謝料を主張できるということです。

交通事故の示談交渉の相手は、基本的に加害者側任意保険会社です。
任意保険会社は任意保険会社の基準により算出した慰謝料金額任意保険基準)を提示してきます。しかしこの金額は、低めに設定されていることが多いのです。
このとき、

①弁護士に依頼している場合

任意保険基準よりも高額弁護士基準で算出した慰謝料金額を主張することができる

②弁護士に依頼していない場合

任意保険基準をベースにして示談交渉が行われ、金額が決まる

という違いが出ます。

弁護士基準は

任意保険基準の金額より高額

より妥当な金額

だということができます。

過去の判例に基づいて設定された基準だからです。

増額交渉(弁護士なし)

弁護士基準の金額自体は、その計算方法を知ることで被害者自身でも計算ができます。
しかし、加害者側任意保険会社は弁護士の主張でないと聞かないという姿勢をとることが多いため、弁護士に依頼することが大切です。

②治療費の打ち切りにも対応できる

打ち切りを宣告された場合の対応の流れ

交通事故に遭うと、その治療費は加害者側の保険会社が支払ってくれます。

基本的には病院から直接保険会社に治療費が請求されますが、治療期間や症状によっては、

まだ治療が必要なのに治療費打ち切りを申し出られる

こともあります。

このようなときには

治療を続けて、治療費打ち切り後の費用は示談交渉で請求する

保険会社に対し仮差押仮払いの手続きをする

症状固定時期を明言し、打ち切り時期を延ばしてもらう

等の手段をとることができます。

しかしこうした手段はいずれも、弁護士とともに行わなければ成功する可能性が低くなります。

こうした点でも、弁護士に依頼するメリットがあるといえます。

③正しい過失割合を計算できる

交通事故の示談交渉では、過失割合も話し合われます。

過失割合

交通事故が発生した責任が、加害者と被害者それぞれにどれくらいあるかを割合で示したもの。
過失割合を損害賠償金額に反映させることを過失相殺という。

過失割合を決める際には、その事故特有の事情なども考慮して決めていきます。
そのため、本当に正確な過失割合を知りたい場合には、弁護士に相談することがベストです。

示談交渉では加害者側任意保険会社も過失割合を提示してきます。しかし、加害者側任意保険会社が提示する過失割合が必ずしも正しいとは言えません。

事故故の捜査記録を確認せず、加害者の話のみから過失割合を算出していることも多いからです。

過失割合は、その割合分受け取れるはずの賠償金額が減ってしまう、非常に重要なものです。正確な過失割合を導き出し、必要以上に賠償金額が減らないようにするためにも、弁護士に依頼することは大切です。

2

交通事故で弁護士に依頼するデメリット

料金相場は?費用倒れが心配

弁護士へ依頼することによる費用は、それぞれの弁護士事務所によって設定されています。そのため、詳しくは各弁護士事務所に確認することをお勧めします。

ここでは、弁護士費用の相場についてご紹介します。

弁護士費用の相場
内訳 相場
相談料 5000円/30
着手金 合計で
20万円+損害賠償金の10
成功報酬

得られる賠償金が少額である場合などは、得られた賠償金額よりも弁護士費用の方が高額になることがあります。これが費用倒れです。

費用倒れにならないかどうかは、まず弁護士相談にて聞いてみることがお勧めです。

弁護士特約で弁護士費用が補助される?

費用倒れの可能性がある

得られる賠償金額の検討がつかない

という場合でも、弁護士費用特約を使うことで不安を解消することができます。

弁護士費用特約

弁護士費用特約を使うと、弁護士費用を保険会社に負担してもらえる。

自動車保険のオプションであることが多い

弁護士費用特約に加入していることを把握していない場合も多い

加入者本人以外に、その家族も利用することができる

詳細は、以下の動画、記事をご覧ください。


3

弁護士に依頼するメリットを最大化するために

弁護士相談のタイミングは?

交通事故の流れ

交通事故に遭って弁護士に示談交渉の代行をしてもらいたい場合には、

示談交渉が始まるまで

に相談することがベターです。

ただし、示談交渉前にも、

慰謝料が減額されない通院頻度の確認

後遺障害等級認定の申請

治療費打ち切りへの対応

等が必要になることもあります。

そのため、一番いいのは

交通事故に遭ったら早めに弁護士に相談し、状況を整理してもらう

ということです。

弁護士相談の流れは?

弁護士相談から示談金を受け取れるまでの流れ

弁護士に相談する際は、まず弁護士相談をしてみましょう。
そこで話を聞いてもらったり、実際に弁護士と話したりして、納得すれば契約ということになります。

弁護士相談も、弁護士事務所によって予約方法や費用が異なるため、一度確認してから相談することをお勧めします。

4

その場でできる!無料電話相談・無料LINE相談

アトム法律事務所の無料相談

アトム法律事務所では、弁護士相談は無料になっています。

LINE

電話

でも相談可能なので、場所を選ばず相談することができます。

LINE相談

24時間、順次専門スタッフが受け付けていますので、

弁護士事務所まで行く時間がない

急ぎで相談したい

という場合にもご連絡ください。

実績や口コミをご紹介

アトム法律事務所実績、口コミについても一部ご紹介します。

アトム法律事務所の示談交渉実績
傷病 示談前 示談後
右肩鎖関節脱臼
上唇部神経症状
939万円 1503万円
顔の神経症状
醜状障害
0 1650万円
頚椎捻挫
腰椎捻挫
167万円 282万円
左手首骨折
左腸骨骨折
106万円 239万円
アトム法律事務所の口コミ

昼間の電話が難しくLINE相談できて心にゆとりができました。

引用元:https://xn--u9j691gec093ctth6wjxm1eg0h.jp/

素人ではできない交渉ややり取りを任せられて、保険金も増額になり助かりました。

引用元:https://xn--u9j691gec093ctth6wjxm1eg0h.jp/

LINE相談できて、負担も0円、外出せずに済んで助かりました。体調を気遣ってくれるなど親身で、仕事に安心感もありました。

引用元:https://xn--u9j691gec093ctth6wjxm1eg0h.jp/

さらに詳しい実績や口コミは、こちらをご確認ください。

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

全国10事務所体制で交通事故被害者の救済に取り組んでいる当事務所の代表弁護士。2008年の創業以来、幅広い間口で電話・LINE・メール相談などに無料で対応し、2019年現在は交通事故被害者の救済を中心に精力的に活動している。フットワークの軽い行動力とタフな精神力が強み。