6人の弁護士がこの記事に回答しています

交通事故|被害者にも落ち度が…賠償金への影響は?過失割合とは?

イメージ画像

交通事故に遭ったけれど、自分にも落ち度がある…

落ち度があると、賠償金に影響する?

過失割合や過失相殺とは何のこと?

被害者にも落ち度がある場合の賠償金の考え方について、弁護士が解説します。

1

交通事故で被害者にも落ち度がある場合

Q1

交通事故における被害者の落ち度とは?

交通事故に遭うと、一般的には交通事故の責任は加害者にあると考えられがちです。

しかし、被害者にも落ち度がある場合があるのです。

被害者側の落ち度として考えられるのは、

信号無視をした

前方をよく見ていなかった

道路に飛びだした

などです。

いずれも、多くの人が経験のある行為でしょう。

つまり、交通事故で被害者にも落ち度があることは、決して少なくないということです。

ポイント

被害者の落ち度には、信号無視や前方不注意などがある。

Q2

過失割合・過失相殺とは一体何?

過失とは

不注意によって交通事故が発生した場合、その不注意のことを過失といいます。

交通事故における過失は、以下のように定義されています。

過失とは

交通事故発生の予測、交通事故の回避可能だった

にも関わらず、

交通事故発生の予測や交通事故の回避怠った

ということ。

交通事故を防ぎ、安全を守るためには、

こんなことをしたら事故が起こるという予測(結果予見

事故を回避するための行動結果回避

が必要です。

結果予見結果回避不可能だったなら、それができなくても仕方ありません。

しかし、結果予見結果回避ができる可能性があったなら、それをする義務が発生するのです。

その義務を怠り、事故発生の原因を作ってしまったことを、過失といいます。

歩行者だった被害者が道に飛び出して車にひかれた場合を考えてみましょう。

道に飛び出した場合の過失の例
実際の結果
結果予見可能性道に飛び出したら事故に遭うだろうと予測できた
結果予見可能性があった
結果回避可能性道に飛び出すのをやめることはできた
結果回避可能性があった
結果予見義務道に飛び出したら事故に遭うだろうと考えなかった
結果予見義務を怠った
結果回避義務道に飛び出すのをやめなかった
結果回避義務を怠った

ただし、被害者が幼いなど責任能力が認められない場合は、過失は認められないこともある


上記の表から、この場合被害者にも過失があったと認められるのです。

過失相殺とは

交通事故で示談交渉を行うにあたって、過失割合を決めます。

過失割合とは、

被害者と加害者に交通事故に対する過失がどれほどあるかを割合にしたもの

です。

過失割合が決まると、それが示談金に反映されます。

これを、過失相殺といいます。

具体的にどのように反映されるのかを見てみましょう。

過失相殺の計算方法
被害者加害者
過失割合28
損害の総額1000万円100万円
請求できる金額1000万円×(10.2)⁼800万円100万円×(10.8)⁼20万円
相殺支払する場合の金額800万円‐20万円⁼780万円200万円‐800万円⁼‐780万円
結果780万円受領780万円支払

交通事故の発生には被害者にも過失があるのに、それが全く考慮されないのは不公平ですよね。

そうした不公平を解決するために、過失相殺が行われるのです。

2

過失割合の決まり方

Q1

過失割合はどう決まる?

過失割合は、事故の類型によっておおよその基準が決められています。

東京地裁民事交通訴訟研究会による『別冊判例タイムズ』記載のものがよく使われます。

過失割合を決める際には、

その事故がどの事故類型に該当するのか

その事故類型での過失割合はいくらなのか

を検討します。

事故がどの類型に該当するのかについて、加害者側との争点になることもあります。

また、事故の類型に応じた過失割合の基準が載っているのは『判例タイムズ』だけではありません。

記載されている冊子によって基準は少しずつ違うこともあります。

また、事故の事情や被害は非常に個別的なので、定められた過失割合がそのまま適用されるとも限りません。

ポイント

過失割合は、事故の類型によっておおよその基準が決められている

過失割合の基準を載せた冊子はいくつかあり、若干のずれもある

個別的な事情を考慮した結果、基準通りの過失割合にならないこともある

Q2

過失割合の例は?

実際の過失割合の例を見てみましょう。

事故の類型による過失割合(歩行者と直進車の事故の場合)
車信号青車信号黄車信号赤
歩行者信号青歩行者0
100
歩行者信号青点滅歩行者10
90
歩行者信号赤歩行者70
30
歩行者50
50
歩行者20
80

事故の類型とその類型の過失割合を参考に過失割合を導き出します。

なお、事故の類型のほか、修正要素と呼ばれるものも考慮されます。

夜間であるとか、被害者が高齢者や子供であるなど、個別の事情があることもあります。

そうしたときには、修正要素として、過失割合に修正を加えるのです。

参考として、歩行者と車の事故の際に考慮される修正要素の一部をご紹介します。

修正要素の例
修正要素過失割合への影響理由
被害者が幼児・児童・老人車側に対して520%の加算歩行者側の責任能力が低い
集団で横断しているところに車が突っ込んだ集団で歩行していれば車から見えやすいはず
酒気帯び運転運転手による過失
ポイント

過失割合は、事故類型とその事故類型に応じて定められた基準の他、修正要素を考慮して導かれる。

3

過失割合が争点になったら…

Q1

過失割合主張では実況見分調書が重要?

過失割合は示談交渉前に話し合われることが多いです。

過失割合は争点となりやすいポイントの一つなので、注意が必要です。

▼交通事故~示談の流れ

交通事故の流れ

加害者側から提示された過失割合に納得できない場合、

該当する事故類型

修正要素

を整理して過失割合を再確認し、主張することが大切です。

該当する事故類型や修正要素を主張するためには、事故当時の様子を記した証拠が必要です。

それが、警察の作成する実況見分調書です。

用語

実況見分調書

人の死傷があった「人身事故」として警察に届け出た場合に警察によって作成される書類。

事故発生当時の情報を記している。

過失割合を話し合うのは、通常、事故後けがの治療費などすべての損害額が確定してからです。

その時には事故現場は事故発生直後の状態とは違いますし、被害者や加害者の記憶もあいまいになっています。

だからこそ、事故後すぐに作成された実況見分調書が、過失割合を決めるときに大切になるのです。

Q2

過失割合の交渉は被害者自身でできる?

過失割合の交渉を被害者自身で行うのは難しいでしょう。

過失割合の基準は事故の類型ごとに定められているとはいえ、事故のタイプは千差万別です。

個別的な修正要素もありますし、そもそもどの事故類型に当てはめるかはっきりしない事故もあります。

過失割合の交渉相手は基本的に加害者側の任意保険会社です。

任意保険会社は少しでも加害者の過失割合を減らそうとしてきます。

また、交渉の知識も経験も豊富です。

被害者自身での交渉で主張を通すことは難しいです。

事故後に加害者側と交渉するのは、過失割合だけではありません。

慰謝料など示談金の交渉も行います。

こちらも、被害者自身での交渉は難しいので、そのことを考えても、弁護士への相談がお勧めです。

Q3

過失割合で弁護士に相談するには?

弁護士に相談すべきといっても、慣れないことで戸惑いもあるかと思います。

まずは、無料相談を利用してみてください。

そこで話を聞いてもらったうえで、本当に相談するか決めることができるので、安心です。

アトム法律事務所では、LINEや電話でも無料相談が可能です。

お気軽にご連絡ください。

無料相談のご案内

交通事故・後遺障害の示談金・慰謝料でお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料電話相談はこちら 0120-465-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

交通事故・後遺障害の示談金・慰謝料でお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料電話相談はこちら 0120-465-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

本格的に弁護士に相談することにした場合は、加入している保険を確認してみてください。

弁護士費用特約を利用すれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。

弁護士費用特約とは?