作成:アトム弁護士法人(代表弁護士 岡野武志)

交通事故無料相談

交通事故の無料相談窓口一覧|電話で相談可、24時間受付、弁護士に相談できる?

交通事故の相談どこにしよう?

交通事故が発生した直後、治療中、相手方の保険会社との交渉が難航しているときなど、様々な局面で不安や疑問が生じます。
この対応で正しいのだろうか、専門用語がよくわからない、相手方が主張を聞き入れてくれない…。
この記事では、交通事故に関する相談が可能な窓口を紹介・解説します。記事内の窓口はすべて相談に関しては無料です。
どうぞ、ご自身の希望と相談内容に沿った相談窓口を選ぶ際の参考になさってください。

  • 電話で相談できる相談窓口は?
  • 保険会社との示談交渉がうまくいかない時の相談窓口は?
  • 24時間受付中の相談窓口は?


1

目的別|交通事故の無料相談を行っている窓口一覧

本記事で紹介する窓口は一例です。
また、記事内にない相談内容に関する条件や制限などがある場合もありますので、相談の際は事前に各窓口のホームページをご確認ください。

なお、以下に紹介する相談窓口は自動車事故(加害者または加害者と被害者両方が車両の事故。バイク含む)を想定しています。
自転車対自転車、自転車対歩行者といった自転車事故の場合の相談窓口についてはこちらの記事をご参照ください。

実績の多い相談窓口に相談したい

交通事故に関して特に多くの相談実績があるのは、以下の2つの窓口です。

日弁連交通事故相談センター

日弁連による、交通事故に関する相談を主な業務とする機関です。
各県の弁護士会の協力により全国に拠点が多いため面談にも足を運びやすく、また予約なしで電話相談を受け付けている相談所もあるのが特徴です。
なお、交通事故状況自体の争いなどは電話相談の時間内におさまらない場合があります。
そのような場合は面談相談となりますが、各拠点で予約の要不要、受付時間などが異なるため注意が必要です。

日弁連交通事故相談センター
事業者日本弁護士連合会
住所東京都千代田区霞が関113 弁護士会館14階(本部)
ホームページ日弁連交通事故相談センター公式HP
電話番号0570078325
平日 午前10時~午後330分(祝日、年末年始を除く)
電話相談可能(110分程度)・相談所による
相談時間1回あたり30
1つの事案につき3回または5回まで
相談員弁護士
メリット・相談内容を問わない
・審査は一部の自動車共済に拘束力を持つ
注意事項・審査は保険会社に拘束力を持たない

交通事故紛争処理センター

交通事故の示談斡旋を主な業務としていますが、法律相談の実績も多い機関です。
相談は治療終了後からですので「すぐに相談」というわけにはいかず、受け付けている事案も限定されているので注意が必要です。
特徴として、この機関で相談後に審査が行われた場合、各保険会社はその決定に従わなければなりません。
特に、保険会社との紛争を解決したい場合に利用することができます。

交通事故紛争処理センター
事業者公益財団法人交通事故紛争処理センター
住所新宿区西新宿231 新宿モノリスビル25
ホームページ交通事故紛争処理センター公式HP
電話番号0333461756
平日 午前10時~午後330分(祝日、年末年始を除く)
電話相談不可
相談時間1回あたり1時間程度
回数制限なし
相談員弁護士
メリット・審査は各種保険会社に拘束力を持つ
注意事項・相談は治療終了後から
・相談や示談斡旋を行える事案に限りがある

各地方都市の相談窓口で相談したい|札幌、名古屋、大阪など

交通事故の相談は1度で終わるとは限らず、また交通費などは自己負担となります。
そのため、事故発生現場や被害者・加害者の居住地に近い場所で相談を受けられた方が便利です。
そこで、各地域に拠点を持っている相談窓口を紹介します。
なお、上で述べた日弁連交通事故相談センター交通事故紛争処理センターも全国各地に拠点を持っています。

各地方公共団体の相談窓口

地方公共団体や各県の弁護士会などが交通事故に関する相談窓口を設けている場合があります。
市役所などで市民相談室を実施していることもあるため、お住まいの地域の市役所ホームページをご参照ください。
ここでは例として札幌、名古屋、大阪の相談窓口を記載します。

札幌

交通事故相談窓口

北海道交通事故相談所0112045220
(IP電話からは05035334703
平日午前9時~午後430
北海道交通事故相談所公式HP
交通事故紛争処理センター札幌支部0112813241
平日午前9時~午後5
初回は火・水・木曜のみ
日弁連交通事故相談センター札幌相談所0112517730
平日午前930分~12時 午後130分~4
名古屋

交通事故相談窓口

愛知県県民相談・情報センター&県民相談室0529625100
平日午前9時~午後515
県政に関する情報提供・県民相談の御案内
交通事故紛争処理センター名古屋支部0525819491
平日午前9時~午後5時(祝日、年末年始を除く)
日弁連交通事故相談センター名古屋相談所0525656110(面接相談)
平日午前1030分~1245分 午後130分~4
大阪

交通事故相談窓口

交通事故紛争処理センター大阪支部0662270277
平日午前9時~12時 午後1時~5時(祝日、年末年始を除く)
日弁連交通事故相談センター大阪相談所0663648289
平日午前10時~午後4
0570078325(電話相談)
平日午前10時~午後330

あげている相談窓口はあくまでも一例です。
実際に相談なさる前には各県のホームページなどを確認し、より近い相談所が無いか、ご自身のお悩みに応えてくれる相談所かを確認してください。

東京都交通安全協会

東京都内の交通安全推進活動の一環として、交通事故に関する法律相談を行っています。
都内7カ所に拠点を持つ、都内密着型の相談窓口として紹介します。
時間や回数の制限を気にせずじっくり相談することができます。

東京都交通安全協会
事業者一般財団東京都交通安全協会
住所中央区八丁堀3179京華スクエア2階(中央交通事故相談所)
ホームページ東京都交通安全協会公式HP
電話番号0332060507
平日 午前830分~11時 午後0時~4時(祝日、年末年始を除く)
電話相談可能
相談時間時間・回数制限なし
相談員専門の相談員
メリット・相談内容や事案などで制限なし
注意事項・他のADR機関などに相談済の場合は受け付けられない場合も

保険について詳しい相談窓口で相談したい

交通事故が発生したとき、多くの場合は加害者本人ではなく保険会社と交渉を行うことになります。
その交渉で疑問が生じた場合、または保険内容自体について知りたい場合は以下の相談窓口を利用できます。

各自加入の保険会社

自身の保険の加入状況や補償範囲などは、保険会社の担当員に直接聞くのがもっとも正確です。
大手保険会社の相談窓口は以下のページにまとめられています。

そんぽADRセンター

損害保険に関する一般的な相談、自動車保険の保険金請求に関する相談を受け付けています。
例えば交通事故の相手方の保険内容について知りたい場合、相手方保険会社に直接聞いても親身になってくれるとは限りません。
相手方の保険の補償範囲などについて知りたい場合や、保険会社対個人の交渉について相談したい場合に利用できる窓口です。

そんぽADRセンター
事業者一般社団法人日本損害保険協会
住所東京都千代田区神田淡路町29(本部)
ホームページそんぽADRセンター公式HP
電話番号0570022808
(IP電話などからは0343325241
平日 午前915分~午後5時(祝日、年末年始を除く)
電話相談可能
相談時間1回あたりの時間・回数制限なし
相談員専門の相談員
メリット・封書/出張相談も可能
・紛争解決手続きの申し立ても可能(条件あり)
注意事項・保険会社の関わる事案に限られる

自賠責保険・共済紛争処理機構

自賠責保険から支払われる保険金などの紛争解決・被害者保護を目的とする機関です。
自賠責保険に関する法律相談・調停事業を広く行っています。

相手方が自賠責保険にしか加入していない場合

上記の事案で、事故状況や後遺障害等級などで争いがある場合

後遺障害等級に納得がいかない場合

など、利用できるシーンは様々考えられます。

自賠責保険・共済紛争処理機構
事業者一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構
住所東京都千代田区神田淡路町29(本部)
ホームページ自賠責保険・共済紛争処理機構公式HP
電話番号0120159700
平日 午前9時~12時、午後1時~5時(祝日、年末年始を除く)
電話相談可能
相談時間1回あたりの時間・回数制限なし
相談員専門の相談員
メリット・調停は自賠責保険に拘束力を持つ
注意事項・自賠責保険/共済に限る

参考:相談先を紹介してくれる窓口を知りたい

法テラス

法テラスでは、個々の事案に適した法律相談の窓口を紹介しています。
法律相談自体も行っていますが、交通事故に関しては専門性の高い分野であるため、他の相談窓口を紹介する傾向もあるようです。
また弁護士費用などを立て替えてくれる制度などもあるため、金銭的に対応が難しい時に利用するのも一つの手です。

法テラス
事業者行政
住所東京都中野区本町1322 ハーモニータワー8
ホームページ法テラス公式HP
電話番号0570078374
平日 午前9時~午後21時(祝日、年末年始を除く)
土曜 午前9時~午後17
電話相談不可
相談時間30
1つの事案につき3回まで
相談員弁護士・司法書士
メリット・事案の段階、相談内容を問わない
注意事項・民事の事案に限る
・一定の収入/資産要件などがある
・交通事故に関しては、別の相談窓口を勧められることも

NASVA

NASVAは自動車事故の発生防止および被害者の援護を目的とする機関です。
被害者支援の一環として、交通事故被害者に対する法律相談窓口の紹介を行っています。
電話だけではなく、メールでの問い合わせも受け付けています。

NASVA
事業者独立行政法人自動車事故対策機構
住所東京都墨田区錦糸321 アルカイースト19階(本部)
ホームページNASVA公式HP
電話番号0570000738
IP電話からは0368538002
平日 午前9時~午後5時(祝日、年末年始を除く)

土日・24時間受付中の窓口

多くの公共の相談窓口は土曜・日曜は電話予約や電話相談を受け付けていません。
法テラスでは土曜日にも電話予約を受け付けていまずが、時間に制限があります。
そこで選択肢としてあがるのが、弁護士への相談です。

弁護士への無料相談

弁護士事務所によっては、交通事故に関する24時間の相談を受け付けているところもあります。
相談を受けた事案については、弁護士が順次対応していくため、より早くアドバイスが受けられます。
初回の相談は無料としている弁護士事務所も多く、緊急の相談はそこで行うのも選択肢の一つです。
アトム法律事務所では、電話のみならずLINEなど、様々な窓口を用意しています。
ご自身の生活にあった相談形式をご選択ください。


2

交通事故に関する相談の前に用意したいもの

イメージ画像

交通事故の相談のためにまとめておきたいこと

予約が必要な相談窓口では予約の際に説明があるのが一般的ですが、相談前にまとめておきたい主な事項は以下の通りです。

事故の発生状況や損害はどのようなものか?

自分・相手方はどのような保険に入っているか?

(後遺障害が残る恐れがある場合)どのような症状か?

示談交渉の当時者は誰か、相手方の提示額はいくらか?

相談の前には、以上のことを説明できるよう書面でまとめておくと、相談がスムーズに進みます。
相談窓口では時間制限回数制限を設けているところもあるため、説明の時間短縮は大きなメリットです。

相談前に取り寄せておきたい書類

さらに、用意できる範囲で以下の書類などを手元に揃えておくと、相談員も状況の把握が容易になります。

相談前に用意したい書類*

書類名入手法
交通事故証明書自動車安全運転センターで申請する
相手方保険会社に写しの送付を依頼する
事故状況発生報告書自身で作成する
診断書病院で作成を依頼する
後遺障害診断書
修理の見積書など修理依頼先で入手する
保険会社からの損害額査定書など相手方保険会社から送付される

*相談窓口から別途必要な書類を用意するよう言われる場合もある

3

弁護士への相談は本当におすすめ?

様々な相談窓口を紹介してきましたが、最後に弁護士への相談について簡単にご説明します。

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談する場合は、以下のようなメリットがあります。

24時間相談を受け付けている事務所もあり、緊急時にも相談できる

専門性の高いアドバイスを受けることが出来る

自分にあった弁護士を選ぶことができる

中立の立場である相談員と異なり、弁護士は相談者の立場に立って回答してくれる

弁護士に相談するデメリット|「弁護士特約」で不安解消?

もっとも、弁護士への相談は初回以降は費用がかかるようになるのが一般的です。
依頼するとなると、更に弁護士費用がかさみます。
弁護士事務所の料金体系は様々ですが、アトム法律事務所では原則着手金無料+回収額の10%+報酬金20万円となっています。
仮に相手方から1000万円回収した場合、弁護士費用は原則120万円になります。

ですが実際は、弁護士特約により弁護士費用の負担をせずに済む場合があります。

弁護士費用特約
弁護士特約

正確には弁護士費用特約。
自動車に起因する事故について生じる弁護士費用等を保険会社が支払うという特約。
1事故・1名あたり300万までの弁護士費用10万までの法律相談・書類作成費用を補償する内容が一般的。

保険会社によってばらつきはありますが、概ね半分以上の方が自動車保険のオプションとして付保しています。
まずは自身の保険内容を確認し、弁護士特約がついていたならば弁護士に相談することもお考えください。

また、目安として損害賠償額1700万円以下であれば、弁護士費用は特約の補償範囲内である300万円を超えません。
損害賠償額がそれ以上でも弁護士費用の負担が大幅に軽減されるため、通常は費用倒れにはなりません。

4

交通事故の無料・24時間相談は弁護士にお任せください

記事のまとめ

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

無料の相談窓口はそれぞれ相談内容や時間帯に制限があるので確認が必要

相談の前には、事故の概要などについてまとめておく

弁護士事務所にも、無料の法律相談を行っている事務所がある

弁護士特約を利用することで、弁護士費用を負担せずに済む場合もある

交通事故でのお悩みは弁護士にご相談ください

LINE相談

交通事故が起きた場合、事故現場での対応・怪我の治療・保険会社との交渉など、困難な局面に遭遇することになります。
早いうちから弁護士に相談することで、行動を誤ることなく、早期の解決が見込めます。
いち早く社会生活に復帰するためにも、ぜひ弁護士への相談・依頼をお考えください。
事故後何をすればいいのか、必要となる手続きは何か、依頼したら費用倒れにならないか、どんなご相談も受け付けております。
アトム弁護士事務所では、電話だけでなくLINEでも、24時間365日交通事故に関する相談を受け付け、弁護士が順次対応していきます。
まずはお気軽にご相談ください。


弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。


?

交通事故の相談窓口Q&A

24時間、相談受付可能な窓口はある?

アトム法律事務所では、交通事故に関する相談受付を24時間対応しています。緊急のお悩みがあるという方はアトム法律事務所の相談窓口をぜひご利用ください。受付は電話・LINE・メールから可能です。相談費用も無料なので気軽にご利用ください。 24時間受付中の相談窓口

交通事故を相談する前に事前準備は必要?

相談前には事前の準備をしておくことをおすすめします。まとめておくべき主な項目としては、「事故発生の状況や損害について」、「当事者双方の保険の加入状況」、「怪我の状況」、「示談金の提示額はどのくらいか」などになります。相談窓口は時間制限や回数制限がもうけられていることも多いので、このような点をまとめて置けば相談がスムーズにすすむでしょう。 相談前には事前準備をおすすめ

弁護士特約があれば弁護士費用の負担なし?

ご自身が加入の任意保険に「弁護士費用特約」が付帯されている場合は、弁護士費用の補償が受けられます。加入する保険によって差はありますが、自動車保険のオプションとして付保していることが多いです。弁護士費用に不安があるかたはご自身の保険に特約が付いているかまずは確認してみましょう。 弁護士特約について

交通事故だと弁護士費用はいくらかかる?

アトム法律事務所であれば、相談料・着手金無料0円、成功報酬10%+20万円の完全成功報酬型で対応できる事件があります。また、弁護士費用特約がある場合、費用は全額保険会社負担(自己負担なし)で弁護士に依頼できる可能性があります。詳しくは以下のページをご参照ください。 弁護士費用