1

交通事故別!示談のタイミングを解説

money 0320 32

交通事故における示談開始の時期は、交通事故での損害額がいくらか判明した時点が目安になります。

もっとも、交通事故の内容ごとに示談の最適なタイミングは異なりますので、

  • 人身事故での示談のタイミング
  • 死亡事故での示談のタイミング
  • 物損事故での示談のタイミング

に分けて具体的な時期について解説していきます。

示談のタイミング①人身事故での目安

人身事故における示談のタイミングの目安としてはさらに、

  • 怪我が完治したとき
  • 後遺障害(後遺症)が残ったとき

に分けて考える必要があります。それぞれ見ていきたいと思います。

怪我が完治したとき

交通事故で負った怪我が完治したら、示談のタイミングとしては治療が終了した時点からが目安になります。

治療が完了した時点までの治療費・交通費・休業損害・傷害慰謝料などの損害を請求することができるようになります。

後遺障害が残ったとき

交通事故で後遺障害(後遺症)が残ったら、示談のタイミングとしては後遺障害に認定された時点からが目安になります。

怪我の治療をつづけても残念ながら後遺症が残ってしまうことがあります。このような場合、医師から症状固定の診断がなされることになります。症状固定とは、治療をつづけても症状がこれ以上良くも悪くもならない治療効果が期待できなくなった状態をいいます。

交通事故で後遺症が残ったと症状固定で診断されたら、後遺障害申請をおこないます。後遺障害は、医師が作成した後遺障害診断書にもとづいて専門の認定機関が審査をおこなうことで認定されることになります。

後遺障害認定によって症状固定までに要した傷害に対する損害にくわえて、症状固定以降の後遺障害慰謝料・逸失利益という損害を請求することができるようになります。後遺障害慰謝料や逸失利益は、後遺障害の等級に応じて損害額が算定されることになります。

示談のタイミング②死亡事故での目安

交通事故で被害者の方が亡くなってしまったら、理論上は被害者が死亡した直後から示談が可能となります。もっとも、示談のタイミングとして一般的なのは49日法要が終わった後からが目安になります。

大切なご家族を亡くされ混乱していることが多いと思います。ある程度の感情が落ち着いたころから示談交渉を開始するのが一般的になっています。

示談のタイミング③物損事故での目安

交通事故による怪我もない物損事故の場合は、壊れた物の修理が完了した時点からが目安になります。

人身事故の示談よりは早いタイミングで物損事故の示談交渉がはじめられることが一般的になっています。

目安まとめ

示談のタイミング

タイミング
人身事故後遺症あり後遺症あり
後遺症なし後遺障害等級認定時
死亡事故一般的に49日法要後
物損事故修理が完了した時点
2

示談のタイミングを間違えるとどうなる?

事故現場での示談は絶対NG

事故現場で示談すること自体はどんな交通事故でも可能ですが、交通事故における示談のタイミングは損害額がいくらか判明した時点でないと後々のリスクを負うことが考えられます。

  • 事故から数日たってから痛みが出てきた
  • 後遺障害が残ってしまった
  • 請求対象にならないと思っていた損害があった

など、さまざまな損害が出てきたとしても示談したあとでは基本的に追加で請求することはできません

ご自身の状況によっては当面の生活費などが必要になるから示談して早くお金を手にしたいと考えられることもあると思います。しかし、示談締結は慎重におこなう必要があります。

適正な示談金が得られない

交通事故の損害額が確定する前に示談してしまうと、適正な示談金が得られない事態に陥ってしまいます。

とくに後遺障害が認められるようなケースであったのにもかかわらず、認定前に示談してしまうと後遺障害に対する損害賠償を請求することができません。後遺障害に対する損害賠償の金額は示談金のなかでも大きな割合を占めることが多いです。

  • どのような損害項目が請求対象なのか
  • 後遺障害に認定される可能性はあるか

など示談する前にしっかりと確認しておくことが重要です。

3

示談交渉の流れと示談書を書くタイミング

示談交渉の流れ

交通事故示談までの流れ

交通事故の損害額の範囲が確定したら多くの場合は事故相手が加入する任意保険会社の担当者から示談金額が提示されることになり、示談交渉に入っていく流れとなります。

示談の内容・金額に納得すれば示談成立となりますが、保険会社が提示してくる金額は妥当な金額よりも相当低いことがほとんどなので注意が必要です。提示金額が妥当なものか確認してから示談に合意するかどうか決めることが大切です。

示談書を書くタイミング

示談は口約束でも成立してしまう性質をもっています。口約束では後々の言った言わないのトラブルがおこり得る可能性があるので、示談では「示談書」を作成するのがスタンダードとなっています。

相手方の保険会社と示談交渉をおこなう場合は保険会社が作成した示談書が送付されてくる流れとなりますので、ご自身で示談書を書くタイミングはそうないと思われます。

もっとも、先ほど述べたように保険会社が提示してくる示談金額は低いことが多いので安易に示談書にサインしてはいけません。示談書の中身が妥当なものであるか、交通事故の示談に精通した弁護士にチェックしてもらうことをおすすめします。

4

交通事故示談のタイミングに迷ったら

示談は弁護士に相談

交通事故は人生の中でそう何度も経験する方は少ないと思います。示談交渉も今回がはじめてだという方も多いのではないでしょうか。はじめてのことは右も左も分からず不安なことだらけだと思います。

なんとなくおかしい・違和感を感じていても保険会社のいうことだからそうなのだろうと流されるまま示談に合意してしまう方は多いです。よく分からないままに示談してしまっては、本来得られるはずだった示談金よりも低い金額しか手に入らない可能性が高くなってしまいます。

このような事態を回避するためには、一度、交通事故の問題に精通した専門家である弁護士に相談すべきです。弁護士に相談すれば、

  • 示談の最適なタイミング
  • 妥当な示談の金額

などのアドバイスがもらえます。

示談交渉を弁護士に依頼すれば示談金増額の可能性は格段に高まります。

増額交渉(弁護士あり)

交通事故の示談交渉でお悩みの方は、弁護士相談をご検討ください。

アトム弁護士の無料相談

アトム法律事務所は交通事故案件に注力した弁護士による無料相談を実施しています。相談料がネックだという方でもご利用しやすくなっています。相談の受付は24時間・365日対応していますのでご都合の良い時間帯を選んでお問い合わせください。

無料相談のご案内
交通事故の怪我・後遺障害の 示談金・慰謝料でお困りの方は
弁護士無料相談をご利用ください
相談枠・弁護士数に限りがあります
相談依頼は今すぐ!
※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

電話LINEメールからお問い合わせお待ちしています。専属スタッフが丁寧に対応させていただきます。気軽にご利用ください。

LINE相談

弁護士プロフィール

岡野武志弁護士

(第二東京弁護士会)

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

全国/24時間/無料相談

無料相談窓口のご案内